▲日記帳に戻る
◇ くそったれの共謀罪なんてくそくらえだ〜。 2006年05月09日(火)



四  組織的な犯罪の共謀の処罰
  1  イ又はロに掲げる罪に当たる行為で、団体の活動として、当該行為を実行するための組織により行われるものの遂行を共謀した者は、それぞれイ又はロに定める刑に処するものとし、ただし、実行に着手する前に自首した者は、その刑を減軽し、又は免除するものとすること。(第六条の二第一項関係)
   イ  死刑又は無期若しくは長期十年を超える懲役若しくは禁錮の刑が定められている罪 五年以下の懲役又は禁錮
   ロ  長期四年以上十年以下の懲役又は禁錮の刑が定められている罪 二年以下の懲役又は禁錮

この法律が通ったら、このブログは立派な証拠になって、私も立派な犯罪者。

ちぇ・げばらに賛同するひとなんて、
みんなつかまっちまう。

たった60年前の治安維持法とその末路の事をだって
忘れちまった愚民の一部になるんだったら、
いっそ捕まって、後世に汚名を残さない方が
良いに違いない。


◇ ちぇ・げばら 2006年03月09日(木)



・われわれは少数派が故に団結しなければならない
・今まで銃を用いずに革命に成功したことはない

ちぇ・げばらって、すごいなぁって思う。
今の共産党にもこれぐらいの気概が必要だよね。

今の政府を見ていると、嫌気がしてくる。
献金をもらっている故に、消費者金融や、パチンコすらも取り締まれない。

フリーターは増える一方でも、労働環境は良くなることがない。
こんなくそったれの社会とヒエラルキーを構築した与党って・・・・。

俺も新党を結成しようかなぁ。


これをエシュロンが拾ったら、おれも立派な危険思想者として認知されるんだろうなぁ。


◇ そろそろ復活〜 2006年03月07日(火)



いい加減に人生を立て直しましょう!
そんなかんじで前向きに生きていかなきゃね。
がんばがんば。

友達がアメリカに行ってもいいじゃん!


◇ 復活 2005年09月19日(月)



友達が死んでから三ヶ月。
そろそろ立ち直らなきゃ。
皆さん、いろいろと心配をかけました。

このホテルでの雑務にも最近飽きてきたなぁ・・・。
はぁ・・・・。


◇ さみしい 2005年06月01日(水)



昨日は涙も血に変わるほど号泣していたのに、今日には日常が普通の精神状態で戻ってきている。
人間薄情なもので、悲しみをずっと背負っていくことはできない。
でも、、、やっぱりどこか、こころには空洞があるや・・・
さみしい


◇ 天道は是か非か? 2005年05月30日(月)



友達が死んだ。
友達のなかでも気が合って、尊敬に値する、親友のような人だった。

今年で26歳、死んだ友達は早くも4人。
みんな僕よりも良い奴だった。

もし神様なんて奴が居るなら、そいつはとてつもない嫌な奴だ。
もし、居るとするならば、なぜ僕を殺さないんだ?
そんなことを反芻して考えている。

死んだ友人は僕と同い年の留学生だった。
大学を卒業した働いて、その後、日本へ留学。
所謂、大志ってやつをもった、尊敬すべき人間だった。

僕は彼から何を学べるだろう。
せめて、彼の志をすこしでも引き継がねば、
それが僕に科せられた役割のような気がする。


◇ 労働組合をつくるのだー 2005年04月17日(日)



労働組合を作るべく頑張っています。

祖父は栃木県の大物組合代表だったらしい。
いろいろと聴いてみようかなぁ・・・。
って、おれってまだ入社二週間だった・・・。


◇ 学生生活も終わり 2005年03月30日(水)



会社の社宅は何故か一戸建ての3LDK・・・。
ワンルームにすんでた私は、家の中を歩き回るのが、おっくう、且つ、怖くて二階へ上がれず、結局、1LDK・・・。
もったいないなぁ・・・・。


◇ 奈良市民 2005年03月28日(月)



京から奈良市民です。
この部屋や、山科の町にはいろいろと思いでも詰まっていて去るのはつらいです。
さてさて、はやく引っ越ししなくては・・・・。


◇ 倒るる 2005年03月24日(木)



東京から帰ってきて風邪によってダウン・・・。
寝てるだけで暇なので射彫英雄伝を全てみてしまった・・。 >>>LINK
可愛い嫁さんがやってきてご飯の世話をしてくれた。
おかげで今はだいぶよくなったかなぁ。


◇ greenday 2005年03月19日(土)



Greendayのライブへ行きました。
最高に盛り上がりました、
なんだか夏か悪しい局が多くてよかったです、
詳細はまた!


◇ ただいま 2005年03月15日(火)


103,277 byte

やっと帰って来られました。
なんだかいろいろ有って訳が分かんなくなっているけど、最高に楽しい卒業旅行でした。
写真は中国のペットショップで撮りました。
中国の犬たちはとってもかわいいです。


◇ よくわかんないけどさぁ 2005年03月10日(木)



今日は上海書城と古籍書店と、中国の入管へ人助けに行ってきました。
詳しくは後ほど。


◇ 上海に到着 2005年03月09日(水)



ちゃんと上海へ帰ってこれました。
あとは買い物をして帰るだけ。
現在はユースに滞在しているのだけど、
みんな英語が話せて便利だ・・・。
こんなことではいけないのだろうけど。


◇ 紹興にて 2005年03月06日(日)



卒業旅行で紹興へ来ています。
紹興は中国であるのに、街は割と古いものを残して居るためか、すごく綺麗です。
僕が見た中国の街の中では一番綺麗なのかもしれません。
ここには魯迅先生故居、秋謹(王へん)故居や蘭亭があったりと、思ったより楽しめています。
ちょっと、マニアックなのか外国人観光客はほとんど居ません。そんな訳で日本人に見られず、なまった中国語でべらと話し掛けられるのには閉口します。
ホテルの宿泊費が一泊1500円というのが気に入って、すこし長居してしまいそうです。。

そんな訳で、暇な人はお土産のリクエストなど、なんでも書いておいてくださいな。。
ではねー。


◇ よくわかんないけど 2005年02月25日(金)



よくわかんないけどぼやぼや生活していたらタスクが溜まってる。
こまった。
折角の学生生活も終わりかと、読書漬けだったのだけど・・・。
はぁ。。。。

そんなわけで、若者は旅に出ます。
よろしく


◇ 日本固有の領土? 2005年02月02日(水)



政府のCMで「択捉・色丹・・・北方領土は日本固有の領土です」っていうのがあるけど、なんだかしっくりこないんだよねぇ。

そもそも、択捉とか、色丹とかって大和の音がしないのに問題があるような気がする。

普通に考えたら、アイヌ民族の土地だし、日本の固有の領土にはいるのかなぁ・・・。

固有って、訓読すると、もとより有するっだから、日本の成立を明治に持ってくれば、ぎりぎり入るって感じかなぁ・・・。

でも、本当に返還されたら、政府はどうするんだろう・・。
ロシア人自治区でも作るのかなぁ・・・。
今更、北海道の一部はないだろうし。
マフィアが横行しそうだし・・・。

真面目に考えたことがあるのかしらん。


◇ 修士論文 2005年01月30日(日)



修士論文「泰山諸廟破壊考」が完成した。
口頭試問を経て評価はAランク。
「希有な出来で、雑誌へ投稿したり、本や冊子として出版しても良い出来だ」と褒めてもらえた。。
(だったら、95点ではなくて、100点をくれ!)

来週までに、すこし改変して再提出せねばならないのだが、時間がない・・・。
教習もあるし・・・。

まったく嫌になるぜ・・・。


◇ 犯行予告! 2005年01月26日(水)



さっき、ブッシュ批判の番組を見てたら、なんと、
スポンサーがイーオンだった(=大株主は民主党岡田代表)。

そう考えると、NHKが自民党とつるんでるからといって、一概に民営化しろっていうのは間違っている。

提供で考えると、世の中とことん腐っている。
本田は愛地球博のスポンサーです!と掲げているが、
万博で宣伝したかっただけでしょう。
ハウス食品は宮崎アニメに協賛しています!って掲げているが、儲かったときのPAYを考えてでしょう。
(本当に協賛が必要なのはもっと若手の映画でしょう)
松下はイアエステに協賛しています!って掲げているが、滋賀で下請けの会社に勤めている日系ブラジル人たちはバラックに住んでいます。(浜松でも同じ問題が起こっているそう>ほんとう?・日経新聞参照より)

上っ面だけ良くしやがって、学生である限りは吠え続けてやる!
いつか共産主義革命を起こして、この国のヒエラルキーを解体してやるからな!

エシュロン、この文章を拾えるものなら拾ってみろ!
俺は危険思想家だ〜。
@酔っぱらいのため責任能力はありません、あしからず。


◇ realとは何か? 2005年01月25日(火)



リアルとは何かと考えてみた。

西洋文明は人間が見えるものをそのまま写そうとする、リアルを追求してきた。
そのために発展の方向が、ローマの彫像から、一時は停滞をするものの、ルネッサンス、写真、映画という風に直線的である。
西洋のものは万人に分かり易く、世界的なヒットが生まれている。

逆に東洋文明は人間が見えるものをそのまま写そうとはせず、そこにある気のようなものを含めて映そうとする。
水墨が風水を反映していたり、浮世絵のデフォルメなどがそれに値しよう。
日本アニメの隆盛の背景には、伝統的なデフォルメの素地があるに相違ない。

まぁ、二つともリアルであることにはかわりないんだよねぇ。

そんなことを考えていたら眠くなりました。
@AM4.30


◇ ASH 2005年01月21日(金)



ASHのライブに行ってきました!
ASH、本当に格好良かったよ〜。
音楽もダサくてポップでロックでした。
もう、今日は興奮して寝られそうにありません。

やっぱりASHが一番!


◇ カルキ 2005年01月12日(水)



めばちこ(物貰い)が出来ました。

前に目医者さんへ言ったときに、
お医者さんに
「水道水で洗えば、カルキの力で、目薬を差さなくても大丈夫だよ」
って言われました。

よくよく考えると、僕たちはそんなものを飲んでいるんですね。


◇ ロリコンねぇ 2005年01月11日(火)



なんだかテレビをつければ、性犯罪者を取り締まろうって事でえらいことになってるなぁ・・・。
本当に監視社会を作ることになったら、日本を脱出しようかなぁなんて考えてしまう。

解せないのは世論の論調が、なんだかロリコン=性犯罪者みたいな感じがして、どうも違和感がある。
正しくはロリコンの一部が性犯罪を起こすわけで、おそらくゲイが男を襲うのと変わらないと思うのだが・・。

社会学者のM.フーコーがいうには、ヨーロッパで初めてロリコンが罪に問われたのは、「少女にお金を払ってフェラをさせて裁かれた例」らしい、近代に入って人道主義の確立された頃でそれと関係しているという。(子供の誕生もこの頃)
つまり、正しい人間像の確立と共にあって、正しい人間像の形成が非主流のゲイやレズ、ロリコンとかを生み出したという。

幼児性愛者が可哀想なのは、ゲイみたいに相手を見つけられないからだろう。子供には主体性が認められていないもんねぇ。

まぁ、世論はロリコンを病気の一種とみなして、更正させるといっているが、ゲイの人を更正させるのと同じで、不可能でないのかなぁ。
迷惑をかけないロリコンなら別に放っておいてもいいと思うのだが。

先ほどのワイドショーではロリコンを描いた漫画やアニメまでエスカレートさせる取り締まるって言っていたが、この際、『源氏物語』も発禁すると言って欲しかった。
未成年者略取監禁を正統化してるもんねぇ。

フーコーは自分がゲイだったために、日本社会を絶賛している。日本はゲイに寛容な文化をはぐくんできたそうで、近代までは衆道は武士の嗜みであったそうな。(信長とか新撰組とか・・・)
何れにせよ、今回の例だけに捕らわれないで、柔軟な対応をして欲しいねぇ。
ゲイに優しい日本なんだからさぁ。

(おいどんはゲイでもロリコンでもないけどさぁ)


◇ 天童よしみと友人A 2005年01月04日(火)



親友のMくんが、僕と共通の大学時代の友人Aから、
赤ちゃんの写真が入った年賀状を貰ったそう。
赤ちゃんは可愛くなく、年賀状に映る父親のA君は心なしか寂しそうだったそうな・・。
と、言うのも、この原因はA君が出来ちゃった結婚をしたことにある。そして、結婚相手は天童よしみのそっくりさん。。
私は、なんで彼が彼女と関係を持ったのかが不思議でならないほどだ。

彼は大学時代に、僕のことを巫山戯て「偽善者」とか呼んでいた。由来を聞くと、どんな容姿の女の子でも、同じように振る舞っていたからだという。
その時の彼の論理に拠ると「太っている女の子は自分の体調すら管理が出来ていないのだから、多少の差別は仕方がない」との事。。。

前年、彼の結婚式にも呼ばれたが、心から喜んでいる様子にはほど遠かった。。もちろん、新婚旅行の写真のなかでもである。。

彼はこの先、自分の子と母にどう向き合っていくのだろうか?自分に嘘をついてどこまで生きていけるのだろう。
存外、昔の人は皆、結婚は自分の本意とは無関係であったというし、うまくいくかもしれない。

ともあれ、僕はちゃんと避妊をすることにしよう。


◇ 人生 2004年12月29日(水)



人生を一幕の映画に例えると、僕はどこら辺まで来ているのだろうか。

存外、クライマックスにあるのかもしれぬ。
始めに青春が来て、それだけ・・・。

後は消化試合・・・・。


そういうのは嫌だなぁ。。


◇ 携帯を粉砕 2004年12月28日(火)



元々頭と胴がぐらぐらとしていた状態にあった携帯。
それが、僕の体重を載せた足の裏によって、物の見事に真っ二つとなった。

さて、明日からどうしたものか。
おもうらくは、DVDの料金のこと、今月はもうさほどに金がない・・・。

こまった。。。。


◇ DVD-R 2004年12月24日(金)



CD-Rが壊れたので外付けの新しいのを購入する事にしました。
しかし、ながら時代はDVD-Rってことで、インターネットで注文してしまいました!!

手元にお金がないのに注文?!
間違ってるなぁと思いつつ・・・。

なんだかストレスが貯まってしまって・・・。

よくないなぁ・・・。

反省。。。
ま、いいかぁ・・。
どうせ買わなきゃだし。


◇ こどもに注意をする 2004年12月22日(水)



家の前でコンビニで買ったチョコレートの袋をポイ捨てする小学生に注意をしてしまった。
最近の若者はって、話しではなくて、最近のおっちゃんの話し。
なんで歩き煙草をする人は、ああもポイ捨てをするのかなぁ。
駅とか煙草だらけではないか?!
許せん!こんな大人に囲まれれば、子供もポイ捨てをして当然になるだろう。

けしからん。


◇ 狂気と正気の狭間 2004年12月20日(月)



ドンキホーテの圧縮陳列問題で、
ドンキホーテ側が逆ギレを始めました。
「うちだって被害者なんだよ」ってね。

まぁ、そんなこと云っても、犯罪者は普通の社会になら絶対いるし。
犯罪者が居ない社会なんて、隣組制度があるような危ない社会だろうし・・・。

リスク回避は大切だよね。


◇ 最近の流行 2004年12月13日(月)



最近は心霊現象とか占いとか、極めてつまらない物が流行っている様子。

ワイドショーでは細木和子なる霊能者がTV視聴率を独占しているという。
占いを信じようが信じまいが、どうでも良いことなのだけど、彼女がテレビに映れば僕が避けてテレビのリモコンをいじらなくてはならないので気分が悪い。

大体なんであんなもんを信じるやつがいるんだろ・・・。新視聴率の女王なんて巫山戯ている。

彼女は「先祖の霊は大切にしなくてはなりません」と良く言っているが、そんなものくそくらえだ!
二千年前の『史記』にだって天道を否定している。二千年前以上に人類は退化しなくてはならないのか?!
そもそも、霊なんて存在自体が人間の思い上がりだ。

毎日、動物の肉を食べて何故呪われないんだ?
動物には霊魂を宿すだけの精神を持たないから?

思い上がりも甚だしい。

本当に霊なんぞが存在していたら、いまごろ、ブッシュやラディンちゃん、金ちゃんなんて呪い殺されてら・・・。


◇ なんだかなぁ 2004年12月12日(日)



昼と夜が逆転した日が続く。
いつも夜なら論文をする気があったのに。
ここんとこやる気が削がれ・・。

なんだか疲れたよう。


◇ レッズ敗退す 2004年12月12日(日)



浦和レッズがチャンピオンシップで惜しくも敗退しました。
哀れ悲しい哉。勝てると信じていたのに、とっても残念。
しかし、後半の優勝チームと言うことは変わらないし、楽しませて貰ったのだから、良しとしましょう。
今後への楽しみも取っておかなきゃだしね。

望むらくは親会社の経営改善なり。


◇ くるくる 2004年12月11日(土)



今日はデパートへ彼女のクリスマスプレゼントを買いに行く日。
お互いにプレゼントを交換するだけだから、どうせなら自分で買えば良いのに・・・とか冷めたことを思ってしまう。
世の中よく分らないなぁ。


◇ 引きこもり中 2004年12月07日(火)



何となく引きこもり中。
こんな生活をしていてはならないとは思いつつ。
論文を大義名分にして引きこもってしまう。

どうしたもんでしょう。

東京から帰ってきて、ほっとしていることもありますが。


◇ 本物と偽物 2004年11月27日(土)



嘗て、ナチスドイツが全盛の頃、前衛芸術は退けられた。
彼らにとっては前衛芸術など文化の末期症状だったのだろう。
これは万人の批判する所だが、私はそんな彼らにも一理があると思ゆ。

何が良くて何が悪いのかは多くの場合、その社会的流行に依存す。大衆にもてはやされるものは、その実力が皆無にありても、有と信じらるることもあり得る。

諸行は無情なれども、一定の美意識が人類には存在する。
博物館や美術に行けば身をもって知ることが出来る。

迷彩のゴリラが十年後にどう扱われるかなど、
考えるまでもあるまい。


◇ 浦和レッズ優勝 2004年11月21日(日)



なんと浦和レッズが優勝しました。
昔は友達にファンだという度に、笑われたもんだよん。
「普通に勝っても優勝騒ぎの浦和レッズ」って言われてたもんねぇ。
それでも、ファンだったのは阪神ファンに通ずる所があるかも。
小野が居なくなった時はもう駄目かと思ったけど、応援してて良かった。
野人岡野も最後にちゃんと登場して、余は満足じゃ。


◇ こまったよ 2004年11月20日(土)



「先生!来週の水曜日までに衆論もってくっから!」
な〜んて、言ってしまった先週の水曜日。

早くも後悔中 。

掻き分けど掻き分けど、どこまでも続く緑の深い深い藪。
其れはまさしく青木ヶ原樹海・・・・・。


どうしたもんだかなぁ・・・。。。

まぁ、やるしかないかぁ。。。


◇ 漢文 2004年11月18日(木)



ああ、最近、○と、がめちゃくちゃな中国語の原典を読んでいるので、ぼくの文章が浸食されてきている。

誰かこの漢語病をどうにかしておくんなまし。。。

あーーー。


もともと、関西弁ネイティブでもないのに、関西弁で話してるときもあるために、標準語も怪しくなってきた。


ああ・・・・。

もーーー、イヤになった。


◇ AVに市民権を! 2004年11月18日(木)



今日、ビデオ屋さんを覗いていたら、韓国映画の「プライベートレッスン」( >>>LINK )がAVの棚にあった。

僕には、AVっていう意識がなかったから、なんだか違和感があった。

実際にAVと芸術映画はどう違うのだろう?これは万人が疑問とするところでしょう。

両者ともに至上の性愛(=エーロス)を表そうと努力しているものには違いない。
よく考えれば、古来より人類はエーロスを求めて様々な方法を取ってきている。
たとえば、紀元前500年に記された中国の『論語』や『春秋左氏傳』には「淫楽」という言葉が随所に見られる。
淫楽とは、淫靡な音楽のことでこれに溺れてしまうと国まで傾けてしまうものらしい。『論語』では何度もこれに特に注意しろと記している。
実際に魏晋南北朝時代には婬楽に凝った王が出てきて、国を滅ぼしたという逸話が史書にある。
淫楽は、今となっては見当もつかない音楽であるそうで、復元はされていない。

他に例を考えると、同じく南北朝の竹林の七賢もそうではないか?彼らは詩を謡い、清談と呼ばれる、世捨て人の話しをすることにより、エーロスを感じることが出来たようだ。
思えば、日本でも江戸時代には春画と呼ばれる女性のヌードを描いた浮世絵が沢山刷られている。

そんなこんなで、現在でも人類は色々なメディアを使ってエーロスを表現しようとする。文章、漫画、映像、ショー・・・。


話しが長くなってしまったが、僕が言いたいのは、AVも芸術映画も共にエーロスを表現したものであるから、他の映画と一緒に仲良く並べたらどうだろうってことです。
今更、ピカソの絵を恥ずかしがる人もいないし、AVにも、これを恥ずかしがらずにAVにも市民権を与えましょう!


◇ 大切なのはマナーではなく、ハートだよ。 2004年11月16日(火)



子曰人而不仁如禮何人而不仁如樂何.

子のたまわく人にして仁ならずんば、礼を何如?人にして仁ならずんば、楽を何如?

孔子がいうには「人としてさぁ仁がなくちゃ、礼儀なんてどうすんのよ?人として仁がなくっちゃ、楽なんてどうすんのよ?」

テレビ番組でマナーの常識なんてあるけどさぁ、大切なのはハート(=思いやり)だと思うんだよね。
なんせ礼儀屋の元祖、孔子様がいうんだから、さもありなん。
だから、テレビで一生懸命に丁寧にしようとする人を笑うのはどうだろう。

そもそも、講師のドタキャンをする節子さん。君に仁はあるのかね?

これって今の学校教育にも言えるよね。礼を教えるのは簡単かもしれないけど、仁を教えるのは難しい。

国家国旗法にも言えるよねぇ。
ハートが伴わなきゃ意味ないんだよね。

石原君。みんなが素晴らしいと思える日本を作れば、自然と君の願いは叶うはずだよ。まずはより良い東京を作ってくれたまえ。がんば!


◇ 久しぶりに日記 2004年11月08日(月)



最近は修士論文をぼちぼちしながら、風邪を引いたりいろいろ訳が分かんなくて、大変でした。

今日、お昼にマックに入ると、老婦人とその孫(もしくは曾孫)とおぼしき稚児が隣にいた。
稚児は、おそらく婦人に買って貰ったばかりの『ナルト』を夢中になって読んでいると、婦人はそれを手に取って漫画の章と章の間にある作者のコラムを指差して曰く、
「此処はちゃんと読んだの?」
稚児は答えて曰く
「未だ読んでないよ」
而して婦人曰く
「此処を読まないでどこを読むの、他はガチャーンとしかないじゃないの」
稚児は何も答えず。

どうやら、婦人は筆者のコラムを本文と理解して、漫画自身はそれに付随するものだと考えたらしい。

婦人が若かりし日には「のらくろ君」だって有った筈であるがそれほど一般には読まれていなかったのか?
やはり世代のギャップはあるのか・・・。


◇ 易学を始めました 2004年10月22日(金)



易学(周易)を始めました。
手に職を付けましょうってことで。
東洋史で漢文は分かるし、道教や陰陽思想も研究したから、相性は良いんだよねぇ。

後はちゃんとしたお箸を買って、本をなしでも出た目を分かるように暗記しなきゃ。

易が出来れば旅にでて生活が出来るなぁ・・・。
って、それどころではないかぁ・・・。


がんばろ。


◇ 変態の歴史 2004年10月19日(火)



今日、『春秋左氏傳』を読んでいたら、すごい記述を見つけてしまった。
紀元前600年頃の中国の晋の国には陳靈公と王と臣下孔寧・儀行父といった人たちがいて、夏姫という女性の下着をつけて宮廷へ行き、ふざけていたらしい。

昔から、変態さんはいたんだなぁ。

ブルセラ2600年の歴史。

春秋左傳正義 / 宣公 / 傳九年 /


◇ あれれ 2004年10月03日(日)



何時の間にやら、修士論文の提出まで三ヶ月・・・。
どうしやう・・・。

はぁ。。。。


◇ 誕生日 2004年09月27日(月)



のみぃ〜に続いて誕生日。
もう25だぁ。。。
四捨五入すると30才。
まだ社会人ではない自分がなんだか恥ずかしい。

ま、いいかぁ。

人生五十年だとしたら、そろそろ壮年か・・・。

子曰吾十有五而志于學、三十而立、四十而不惑、五十而知天命、六十而耳順、七十而從心所欲不踰矩。
『論語』

まぁ、孔子も三十にして一人前って言っているし、気長に行くかなぁ・・・。


◇ 頭がくらくらする 2004年09月21日(火)



今日はウズベキスタンとタジキスタンから帰ってきた友達にあった。
会ってまず、互いの冒険について話した。
続いて、本屋さんに入り郭沫若と夏目漱石の書を買う。

最近文学からずいぶん離れてしまっていた。

その後に友達の愚痴を聞くために居酒屋へ・・・。

相変わらずお酒に弱くてくらくらに・・・・。

もうだめじゃ・・・・。


◇ 人殺し 2004年09月19日(日)



今日は野暮用の為に神戸へ行く。
高校時代の親友がかつて大学へ通うために此処に引っ越してきた。
その為、なんどか僕も彼に会うためにここへ通った。

そのうちに彼がぞっこんの恋人に振られて、女性不信に陥り二股を掛けだした。そんな彼に僕は幻滅して縁を切ってそれっきり。僕は二度と彼と連絡を取っていない。

人が他者の存在を自分の中で消すことは、その他者の死を意味するとハイデッガーはいう。
僕は間違いなく人殺しだ。

今になって、どうにか説得が出来たのではないかと後悔する。
今更ではあるが。


◇ 至極くだらないこと 2004年09月13日(月)



家の前に新しく入居した人は絶倫らしく、夜中に女の人の悲鳴やすすり泣くこえが聞こえる。。
もちろん、変な声も・・・。

隣の部屋でなくて良かった。
たまらないだろうなぁ。。。。

それにしても凄い技術を持っているのだろうなぁ。

絶句。


◇ 風邪を引いた 2004年09月10日(金)



帰ってきて安心したのか風邪を引いた。
38度を超える風邪。
K点越えを出すのは久しぶり、3日目になるけど、
一向に改善されない。。。。

古来、風邪で死んだ人たちは数知れず。

ああ、、、風邪ってなんで特効薬がないんだろ。
一応、抗生物質は飲んでるんだけど。


◇ 帰ってきました 2004年09月07日(火)



昨日帰ってきました。
疲れた・・・。

景徳鎮と泰山へ行ってきました。
景徳鎮までは電車で十七時間。

食器を沢山買ってきました。

いろいろと書きたいことが有るけど、
それは追々。
ではでは


◇ 普照寺〜五賢祠〜三陽觀(菴) 2004年08月27日(金)



この日は午後より動き出す。午前中は昨日の疲れからか、ぐったりと休んでしまった。
この日は趙新儒の奥さんの墓がある五賢祠へ向かうことにした。
泰山小史に拠ると五賢祠は普照寺の西北
書きかけ


◇ 普照寺・五賢祠・三陽菴 2004年08月26日(木)



 この日は、趙新儒の奥さんの墓があり、趙新儒が聯を書いたという五賢祠へ向かうことにした。泰安市志には五賢祠遺址との名前で載っており、現在は均しく失われたという。 破壊は文革によるものだそうで『泰山大全』はこの破壊について「五賢祠」の項目ではふれず、代わりに道光10年(1830年)の碑文「五賢祠記碑」の項目で、これは文革によるものであり、五賢祠は破壊され、碑文はことごとく倒され、五賢祠の碑文はそれにより普照寺に移ったという説明がある。また泰安市志にはその経緯は記されて居ない。話しは逸れるが、このような記述の曖昧さか文革の現代中国に於ける微妙な位置が理解できる。
 しかしながら、ホテルで購入したガイドブックには、尚健在のように書かれており、趙新儒の聯を見られるかもしれないという一抹の希望をもって訪ねた。
 五賢祠は泰山小史に拠ると
『読書臺(五賢祠)は普照寺の西北にあり、投書澗を過ぎ、石の方坦あり、高きこと数丈ばかり、胡安定公の読書の処なり、へり、姑蘇の李果は八分の書を石上に勒す。』
とのこと。
趙新儒の注やシャバンヌの『泰山』に拠ると、その後、同時代の孫明復と石守道も此処で儒学を学んだ為に前述の胡安定と併せて三賢祠として明代に祠が構えられ、その後、宋青岩(シャバンヌに拠れば、明の厳寿、『泰安市志』には宋涛とある)、趙仁圃が増祠されて五賢祠となったという。

 五賢祠を訪ねるに当たり、まずは普照寺を訪ねた。『泰山小史』やシャヴァンヌ『泰山』には普照寺より北へ向かうとあり、また、五賢祠より移った写真を見たいと思ったからである。普照寺は軍閥の馮玉祥が寝起きして、学問に励んだ場所としても有名であり、周恩来の記した碑文がる。また趙新儒も此処の在家の信者であり、長老と僧達から呼ばれていたようである。*1
 普照寺の境内に入って左手すぐにあった五賢祠の碑文(写真A)はあった。投書澗などの大きな銘碑文まである事が文革時の破壊の凄まじさを物語る。碑文を読めば、五賢のうち最後の一人が誰であるか分かるであろうが、それは別稿にする。
普照寺で五賢祠への行き方を尋ねると、昔は直接に五賢祠まで行く道があったが、今は消えてしまい、一度、大通りまで戻ってから訪ねよ、とのこと、また五賢祠は人民解放軍の駐屯地にあるから、粗相のないようにとの忠告をうけて、五賢祠を訪ねた。

 普照寺から大通りへでて、50Mほど西へ行き、北へ小道を入って、人民解放軍の検問所を抜けて20分程行った所に目的の五賢祠はあった。趙新儒の聯を見ようと閉まっていた扉を叩いたが、犬の声がするだけで、誰も居ないようであった。自動小銃をもった海豊郡が闊歩する駐屯地の中で余り騒ぎ立てるのは危険を感じたので諦めることにした。後に裏の高台から周りを囲う塀の中を見ると、中はどうやら昔の建築の雰囲気を残しつつも、普通の民家になっている様子であった。文革の時に壊されて、祠としての役目を終え、人が管理の役割を兼ねて住み込んでいるのであろう。
 他に趙新儒につながるものは無いかと、周辺を見ると北東に亭が一つある。これは泰山大全に拠ると洗心亭と呼ばれるものであり、上を見上げると前述の馮玉祥の直筆の聯があった(写真B)。見ての通り聯の内容は中華民国21年の銘があり、北方が日本人に占領されたことを嘆くものである。趙新儒は馮玉祥の腹心、宋哲元の秘書長をしていた事もあるようであるから、これを作成し飾るときには同席をしていたかもしれない。
 
 『泰山小史』には趙新儒の妻、徐夫人が此の葬られたとの記述(下記)がある、また、文脈から趙新儒が一時、世を儚んで隠れ住んでいた所もこの辺ではないかと推測する。

「凌漢峯は前方に普照寺があって、西に投書澗とする。峯下には墓田があり、私の徐夫人を葬った所である。十八年の秋に、葬式をする。小妻の梁と、幼子の麑、山中に居すること數月、志氣は消磨してしまい、時に世を捨てようかと思うが、俗縁はやはり盡きず。人間の諸行、山靈は我を笑うことなかるべし。十九年夏に土匪が泰城を占拠する。私は濟南へ行っており、これは因縁であろう。又誤って紅塵(俗世間)に足を突っ込んでしまった。」*2

 墓は五賢祠と普照寺を結んだ所、つまり、駐屯地敷地内であろう。
 私は出来る限りは探してみたが、駐屯地となったために宅地化されてしまったようで、それらしい墓地は見つからなかった。また隠居していた場所も、そういった看板が出ている訳でもなく残念ながら見つからなかった。
 
 駐屯地で不審な行動を取っていると思われたらしく、再三にわたり人民解放軍に注意を受けた為に捜索を諦めて、五賢祠の裏に在る山を登っていったところにある道觀、三陽菴を目指す事にした。趙新儒が此処に隠居していたならば、趙新儒の何らかの痕跡が残っているかもしれないと考えた為でもある。

 三陽菴は五賢祠から傾斜の急な裏手の山を40分程ほど登った所にある。泰安市志の記述にによると明の嘉靖年間に建てられたが、1976年に全ての建物の天井が破壊され、今では、混元閣と山門などを残すのみになっているということ。よって、名前も三陽觀遺址と記されている。
 三陽菴に到着すると、ここの管理人が笑顔で出迎えてくれた。日本から泰山を訪れる人は多いが、ここを訪れる人は少ないとのこと。さもあらん。いろいろと聞いては見てみたが、「此処の道士ではなく管理人である為に何も知らぬ」との事。逆に寺の由緒について、色々と訪ねられた。
おそらく文革の影響で道士が住むのを止めてしまった所に問題があるのであろう。
結局、三陽菴には趙新儒へ繋がる手がかりは無く、この日はホテルへ帰った。


◇ 入中愚人巡礼記3 2004年08月25日(水)


53,850 byte

早朝、泰山に到着。
研究対象の蒿里山がホームから見える。
300Mの高さしかない小さな丘、それを見るとやはりどきどきしてしまう。

泰山賓館にタクシーで乗り付ける。まだ七時過ぎであったのでチェックインが出来ずに八時までロビーのソファーで待たされる。
チェックインするときに聞けば、僕の為に四部屋も取ってあるそう。どんな風に英語を聞き間違えたのか・・・。
四日間と四部屋を間違えたのか・・・・。

昼過ぎまで一休みをして午後より蒿里山へ行く。

沢山の残骸を山中に見つける。醒世因縁伝に現れる閻魔大王の祠の残骸か、それとも北伐の時に建てられた烈士の祠の残骸か迷う。

形のしっかり残った瓦を発見、写真(左写真)、及拓本をとる。

山頂付近に在った碑文が下に潜って拓本を取った結果、北伐の時に作られたものであったことが分かった。

山の裏手には無数の石柱を発見。

日も暮れてきたので山を下りて帰る。
駅前のKFCでセットを頼みホテルで食べて夕食にする。
その後、近所のネットカフェへ行ってオリンピックニュースを仕入れる。
帰りに夜食でジャージャー面を食べる。

しんどかった。


◇ 入中愚人巡礼記2 2004年08月24日(火)


89,738 byte

寝不足のまま、早朝より地下鉄で上海駅へ向かい、泰山までの一等寝室車の切符を購う。
上海駅では英語が通じる切符売り場や、一等専用切符売り場があるから助かる。折角なので、一週間後の景徳鎮行きの切符も二枚購入。
中国は発展途上国なので帰りの分の切符は出先で買わなくてはならない。
中国旅行をするうえでは多少日程に余裕を持たないとかえって来られなくなってしまう。この問題がホテルの前もっての予約を難しくする。

切符を買ってから電車がでる夜の10時まで、半日間の時間が出来た。
暇つぶしに魯迅先生に挨拶をしに魯迅公園、及、魯迅記念館まで行くことにした。魯迅記念館へ行くのは3回目。魯迅マニアなのでついつい訪れてしまう。
ここには藤野先生の写真や生原稿と言った垂涎モノの一品が揃っている。魯迅の葬儀の喪主を列したメモに毛澤東の名前を発見。
後日に書き加えたものであるのが明白であった・・・。
「民族魂」というコンセプトで記念館自体を纏めていたが、果たして魯迅自身は民族なんて言う言葉を一度だって使ったことがあるのか(笑)。

そもそも、毛澤東が革命の聖人として魯迅を祭り上げた(利用した)ところにこの奇妙な関係は始まる。

魯迅が共産党にこんな風に扱われていることを知ったら草葉の陰できっと渋い顔をするに違いない。
実際の魯迅は不倫をしたり、映画ターザンを見たりする、極めてリベラルな人物であっただろう、。

魯迅記念館は極めて立派な建物。聞けば大阪府の支援で建設されたものらしい。どうりで内装は日本のブランドで仕上がっている。
大阪府、金がないんだから・・・・。(絶句)
日本人の学生にも学割を適用しろ、日中友好ってそこら中に書いてあるのに・・・。(問題外)
お土産屋で本の定価の上からシールを貼って、ぼったくるな!しかも日本人向けの本だけ!(何が日中友好だよ)

魯迅先生の墓の前に飾ってある花束はすべて日本の政治屋が置いていったモノ。

いかに此処が政治屋さんの利権とされているか分かるねぇ。これが日中友好内実か・・・・。(悲しくなるね)

お昼は魯迅公園内の御茶屋さんで食べる。椎茸ラーメンが存外おいしかった。
そのまま公園のベンチでお昼寝をして夜を迎える。
やることがなくて大変な一日でした。

左、写真は藤野先生原稿


◇ 入中愚人巡礼記 2004年08月23日(月)



此より記すのは9月13日現在より遡っての事である。
タイトルは先人の入宋求法巡歴記より取らしていただいた。

夕刻、関空より中国へ旅だつ。

もとより、ユースホステルへ泊まるつもりで予約をインターネットで予約を取っていたのだが、午後6時以降にチェックインしない時には予約が勝手に取り消されるそうで、メールを送るときには遅くなるとの旨を備考にしるしていたが、やはり中国、予約は取り消されていた。

そのまま、ユースホステルに泊まる日本人に近所の安ホテルを紹介して貰いそこに泊まる。

一泊60元。
明かりを消すと勝手にエアコンが泊まる部屋。
なかなか寝つけずに次の朝を迎える。


◇ 36時間後 2004年08月22日(日)



36時間後には中国へ向けて京都を発つんだなぁって思うと鬱になりそう。

中国に居ると圧倒的なパワーに押されて息苦しくなるような気がする・・・。
それでもなにか魅せられてしまうんだよね。
ではでは

重ねて、お土産を欲しい人は此処に書いてくださいね。


◇ 泰山の予約を終了 2004年08月12日(木)



泰山の予約を終了。
うちとこの教授も泊まったかもしれない老舗ホテル。

わ〜い。梅子姫のいた寮は予約が一杯でした。
まぁ、仕方がないわな・・・(残念)。

上海のホテルはJTBで決めるとして、
後は、景徳鎮かぁ・・・・・。

ここは問題だ・・・・。


◇ 徒然 2004年08月11日(水)



23日から中国へ行きます。上海では姫がいた寮に泊まる予定。列車の予約が出来ない中国だと、必然的にホテルの予約も難しい。
これって、面倒だなぁ・・・。
そんなわけで、お土産を買ってきて欲しい人は此処から下に書き連ねてくださいね。漢語大辞典と二十五史以外なら買ってきます。

今日、宮崎市定のインターネットで東洋の歴史を購入しました。千円もしたのに思ったよりもショボイ。。。
なんだか気落ちしてしまうなぁ・・・。
って、ゆうか、ちゃんと参考文献は書きましょう!!(宮崎先生!!)

そろそろ、修士論文、真面目に書かなきゃね。。。
やばやば。。。。

がんばりましょう


◇ 裏山 2004年08月10日(火)


109,307 byte

ドラえもんに出てくる裏山、あんなんが家の裏にもある。
此処には4年以上住んでいるのに、今まで気が付かなかった。
めちゃめちゃ涼しくて、マイナスイオンが沢山、しかも、高濃度酸素が沢山・・・。

ああ、自然って良いなぁ・・・・。

ここんとこ、朝な夕なに涼みに来ています。
S氏また一緒に遊びに行こうぜ!
BBQもできるかもね。


◇ 漢語でしゃべらないと 2004年08月04日(水)



英語でしゃべらないとを見ているとムカツク。

なんだか全ての価値基準が英語のような気がするんだよね。

みんなが同じ言語をしゃべると自然と帝国の方が優位になるのは目に見えているはずなのに・・・。
少しはフランス人とかを見習って欲しいなぁ・・。

まぁ、別に困ったときに話せる程度でいいじゃん。
郷に入ったら郷に従え、その国の言葉を話せれば問題ないはず。なんだかむかつくんだよね。

韓国人に比べて英語が話せないって言ってるけどさぁ・・・。
彼らはにはアルファベットしかない訳よ、漢文のテストなんてしたり、速読でくらべたら、日本の方が圧勝するはず・・・・。


くだんね〜〜〜〜〜・・・・。

反グローバライゼーションの旗手になろうぜ。。


ああ・・・。最近、中国のサッカーに対する反日のせいで国粋主義者ぽくなっていやがる。

こまったなぁ。


◇ おつかれ 2004年08月03日(火)


49,939 byte

何故か山を越えて京都の町まで行きたなりました。

すご〜く、疲れました。

古本屋さんで書道用の冊子が一冊百円で売っていたので友達の分を含めて五冊買ってしまいました。

お疲れさん、自分。


◇ 今更になって 2004年08月01日(日)



本日、サッカーを見ていて泣いてしまった。
頑張ってイギリスへ行ったら冷や飯を食わされて、
帰ってきたら、居場所がない。
そんななかの大復活劇。
感動せずにいられようか・・・。

朝方、風呂に入って髪を洗おうと鏡を見ると、髪に白い物が二本。。。
そうおもえば、昔、S氏が京大で過去もっとも難しかった英語のテストを教えてくれた。
それはアラビアの民話だそうで、以下のような話しであった。

「ある夫婦がいて、妻が夫の白髪を毎日抜いていたら、そのうちにハゲになってしまった。」
(こんなオチのない話しが、テストにでるわけないと思ってしまい、結果として出来が悪かったらしい。)

話しを聞いた当時は、僕も同感で話しの意図が分からなかった。しかし、今朝、その時にこの話しの意味が分かった、。

この話しは時間の概念を認めない、妻の無知を皮肉った物であったのだ。つまり、時間はその認識の有無にかかわらず、確実に過ぎゆく物という教訓話であったのだ。



時間に関して同じく中国の詩にこのような物がある。


「城西路(元詩選/初集/戊集/張承旨翥 蛻菴集/城西路) 」


原文:城西路多少,人從此中去。昨日紅顏美少年,今朝白骨委黄泉。縱令藏金比山積,鬼伯不受人間錢。少年何用誇豪富,來看城西送人處。
(現代語訳:城の西にある火葬場は常に一杯、人はいつ死ぬか分からない、昨日はイケてる美少年、今朝には白骨化してあの世行き。お金を幾ら貯めたって、幽霊は人間の金なんて受けとらねぇ、金持ちだって誇る意味がねぇのさ、だから、火葬場をみてみろって)


昔、親に「少年老い易く学成り難し、昨日紅顏美少年,今朝白骨」って言われた。
その時は「ちゃんと勉強しなきゃ、あっという間に大人になってしまうよ」って脅し文句だったなぁ。
でも、上の原文の意味では全く逆みたいだね。

そう思えば、「少年老い易く学成り難し、昨日紅顏美少年,今朝白骨」ってお寺でゲイの和尚さんが小僧さんを口説く時に使われ出したのが、今日の流行の語源となっていると言う説もあるそう。(元詩選を読んでいたなんて、昔のお坊さんって教養があったんだなぁ)

作家の意図を正しく認識する上でも原文を読むって作業はやっぱり必要だね。

「人生、いつ死ぬか分からないけど、だからといって破れかぶれになってしまってはいけない」・・・蓮如

世の中ぼちぼち真面目に生きていきましょう。


◇ プライバシー 2004年07月31日(土)



就職活動をしてて疲れるのは、性格テスト。
これって凄い個人情報だよなぁ・・・。

おいどんが休みに何をするのが好きかとか聞いて統計を取るか普通・・・。
これって人格っていうより、思想とか宗教に近いような気がする。

人間の人格を数値化して判断するのって、どうなのだろう。

って、いうか、これこそ個人情報だろう。。。

うちの父も採用をやってるけど、これは賛成できないなぁ・・・。


◇ あれ 2004年07月30日(金)



書いた日記が消えた・・・。
なんでだろう。

めんどくさいので要点だけかく。

檄を飛ばすという言葉は、三国演義から、元気づけるという意味でもあり得る。

明治維新と辛亥革命の違いは、その後の混乱の有無にあり、混乱の原因は、中国人は私利私欲に走る傾向がある為ではないかと考える。それとも、日本には尊皇思想をもとに国民国家の礎がすでに出来ていた。

攻殻機動隊の「私は私の見えている物を皆に伝える機械である」という言葉に感動。

オリジナルはある映画監督のものだそう。
僕らが論文を書くのはこのためか。


◇ 意味もなくしんどい・・・・。 2004年07月29日(木)



最近、遊びすぎで疲れました。

そろそろ、勉強をしたくなってきました。
くらくらくらくら・・・・・・、、、。


人類ってなぞが多いなぁ。。。。


◇ くたくた 2004年07月26日(月)



大谷大学まで行って本を見せてもらってきました。

八時までず〜と学校。
おつかれっち。。。。。。。。。。。。。

取りあえず此処まで。


◇ ただいま 2004年07月24日(土)



研究室から帰ってきました。
日焼けで肌がぴりぴりする〜。


◇ 一人キャンプ 2004年07月23日(金)



終電を逃して、研究室で一人キャンプしています。
BS放送とハイビジョンが映るので、チャンイーモウの
「活きる」を見てしまいました。

結構、いい映画で感動してしまいました。
話題の「英雄」よりも、断然、こっちの方がいい映画と思うのは僕だけでないはずだ。


◇ キャンプから帰ってきました。 2004年07月21日(水)



キャンプから帰ってきました。
研究室の友達たちと行ったのだけど、
どうも気疲れしてしまう・・・。

やっぱり、のみぃ〜やさなだと一緒にいる方が楽だなぁ。


◇ のみぃ〜、帰京。 2004年07月17日(土)



のみぃ〜が今日、帰京なさいました。

嵐のような楽しい日々がすぎて、なんだかお家がいっぺんに静かになってしまった。

う〜ん、なんだか物悲しぃなぁ・・・。

そんなときに、テレビからTSUTAYAレンタル半額のお知らせが、攻殻機動隊を4つも借りてきてしまいました。

のみぃ〜、また遊びに来てください。
では〜。


◇ のみぃ〜、帰京。 2004年07月17日(土)



のみぃ〜が今日、帰京なさいました。

嵐のような楽しい日々がすぎて、なんだかお家がいっぺんに静かになってしまった。

う〜ん、なんだか物悲しぃなぁ・・・。

そんなときに、テレビからTSUTAYAレンタル半額のお知らせが、攻殻機動隊を4つも借りてきてしまいました。

のみぃ〜、また遊びに来てください。
では〜。


◇ the catcher in the rye 2004年07月11日(日)



セントラルパークのカモメたちは冬になるとどこへいっちまうんだろ。

JDサリンジャー


◇ 落ち込む 2004年07月09日(金)


60,309 byte

史上最高に時間の無駄なビデオを見た・・・。

悲しくなった。

つまんなかったらお金を返してくれるシステムにしてくんないかなぁ。


攻殻機動隊の方はやっぱりおもしろかった。
(凄い綺麗な映像だし、金かかってんだろうなぁ)
最近、ビデオを沢山見てるなぁ・・・。

少しは勉強しましょう。

反省


◇ 閑話休題 2004年07月08日(木)



昼過ぎに起きる。
昨日はDVDを遅くまで見ていた為にすっかり寝坊だ。
今、考えたら彼女から夕刻に会おうとの電話に起こされたようだ、如何せん、記憶がはっきりしない。

今日は大谷大学で『泰山大全』と『泰安市誌』って本を借りる予定だったんだっ!
って、思い出して仕方がなく家を出る。

道に迷いながらも何とか到着。
図書館でコピーをする。

その後、彼女と三条で会ってご飯とお茶をする。
後八時から友達と中国語の授業にでて、夕食とお茶。

優雅な一日。。。

今日の日記を読んでる人は、かなり損をしてる気分になるだろうなぁ。
だって、ちっとも面白いことを書いちゃいない・・。

叙事的でも、サリンジャーみたいに書けたら、良いのだけど、僕の力量では到底不可能みたいだ。

まぁ、タイトルもタイトルだし、お許し願おう。

そういや、昔、日記を編年的、叙事的に書いて先生に酷く怒られたなぁ。

今思えば、叙事的にでも史料的な価値は存在するし、有る意味、スタイリッシュで読みやすいし、うその感想をつらつらと並べた”花丸の日記”よりも相当良いものであったんじゃないかなぁ。

原文
「吾十有五而志于學三十而立四十而不惑」

「おれっち(=孔子)、十五才で勉強しなきゃと思って、三十でまぁ一人前。四十才くらいでやっと迷わなくなった」
・・・『論語』(為政第二)

孔子でさえこの程度、人が人を教えることの難しさかぁ。。(よって、昔の教育者は基本的に問答形式なのね)

体系的な教育は決めつけにつながるし、そこに真理があるとは限らない。

あれ、タイトルから外れて行ってしまった。
おやすみなさい。


◇ 愚人 2004年07月07日(水)



時々、酷く落ち込む。
さて、どうしたものか・・・。

詩集でも読もうかなぁ。。。

幾ら自分でも先人たちの才能や英知には遠く及ばない。


まずは彼にを少しでも原典を読んで近づていこう。

投げ出さずにね。

そんなわけで、宮崎市定全集でも読もうっと。


◇ のみぃーが来る! 2004年07月04日(日)



七月の15日〜17日まで関東のNOMYが来ます。
15日には八時より祇園祭。
16日にはUSJへ。
17日にはお昼まで巡航を観光を予定。

お誘い合わせの上、参加者を募ります。

某S氏は絶対参加せよ!!


◇ 大谷大学 2004年07月04日(日)



今更になって、泰安県誌の一番新しいのをみていなかったことに気づく・・。

これはやばい。

ちょっち、大谷大学か京大まで行かなきゃいけないなぁ・・・。
(めんどくさいっちゃ。)
チャイナに購いに行った方が早かったりして(笑)。

何故か明け方まで起きてしまっています。
こまったねぇ。


◇ ・・・・・。 2004年07月02日(金)



愛について・・・。
人が本気で一人だけの人を好きになるということは、
あり得るのだろうか?

ちょっち、わからないなぁ。

自分の彼女ほどの人はいないと思うけど、
本能的には、一人の女性を選ばなくても良いのでは?
と、いうのはなんとなく分かってしまう。

愛というのは、幻想だったり?

いろいろ、相談されるけど、
なんとも答えようがないや。


◇ 芹澤鴨死す・・・。 2004年06月27日(日)


3,570 byte

こんな感じに拓本は取れます。

新撰組、まだ、芹澤鴨暗殺だよ。
これからどうするのかなぁ・・・・。
本気で心配してしまう・・。

まぁ・・・。いいのかなぁ・・・。


今日は漢文の打ち込み・・・。
友達と夕ご飯を一緒に食べる。

そんな平和な一日でした。

追伸

おれっち、赤穂生まれで(にっくき柳沢)山口にも居たことがあるし、
大学は西本願寺(討幕派)。
環境はまるっきり討幕派なんだよね。

当然、新撰組を視るときも、、ああ、、長州藩士が〜と思ってしまい、あんまり新撰組に同情できなかったりする。
それだけなんだけど。

山口県民とかはどう思ってみてるのかなぁ・・・。


◇ 拓本 2004年06月26日(土)



拓本を取る練習をしました。

結構、これが難しい。
夏に泰山へ行くので、ちゃんと取れるようになっておかなくては・・・と、思ってがんばってはいるのですが。

早稲田の拓本のHPが結構面白い。
>>>LINK

中国関連の拓本なら京都大学の人文科学研究所がよい。
>>>LINK


ちょっち、疲れました・・・・。


◇ 怪我をした 2004年06月25日(金)



CDケースを踏んづけたら、割れて我が足に突き刺さった。
ショットガンみたいに細かい傷が沢山・・・。
(ショットガン使ったこと無いけど)

そしたら行動力が大分おちてしまったので、
仕方なしや「あの子を捜して」を視ることにしました。

前から持っていたDVDで中国語字幕と日本語字幕と二回視ました。

主人公の女の子が泣く場面で僕も感動・・・。

チャンイーモウはやっぱり良いよね。
映像も美しいし、彼が画く中国にはリアリティが有るような気がする。

それに付けても俺って実にくだらない時間の使い方をしているなぁ。
こんな風に自堕落に生活してごめんなさい、蓮如さま!

あの子を探してについては下・

>>>LINK


◇ 泥のように眠る 2004年06月25日(金)



今日は泥のように12時間くらい熟睡してしまった。
彼女以外の女の子と二人っきりで歩くことが少ないからかなぁ。。
存外、緊張したらしい。

夕刻、学校で中国語を学ぶ。
中国語は奥が深い。。。

帰ってから論語を音読する。
暗誦できたら格好良いかなぁって・・・思ってね。


甲殻機動隊に経験を共有することにより、同様に人間は判断、行動するという言葉があった。

アニメからだけど、結構、いい意見かも、と思った。

宋学が尊皇攘夷に結び付いたような感じかなぁ・・。
近代理性とか・・・。


◇ 純粋理性批判 2004年06月23日(水)



今日は姫に元町を連れて廻って貰いました。
ルミナリエぐらいの時しか行かないので全然解りませんでした。

最近、ぼ〜としてるからかなぁ。。。

その後、姫をお見送り。「来たら一緒にあそぼなっ!」って言っておいてほったらかしにしてしまったので大分反省・・。
そんな思いもあって、ちょっち寂しかったです。

帰るときにカント(CU××ではないよ)を読みました。
夜に寝られるように読む本なのだけで実は結構楽しいのだよね。

コペルニクス的転回だったけ、対象を認識して、始めて物体は存在するっていうやつよ。
これって結構面白いんだよね。

昔さぁ、友達に夜景を見てるときに、
「おれって60億分の1の存在でしかないんだよね」
っていったら、友達は応えて曰く
「俺が存在(認識)するから、みんなが居るんだよ。」

友達は哲学書を読むような奴じゃなかったけど、
ちゃんと解っていたのだなぁ・・・って今頃になってつくづく思ってしまった。


人間視点を変えたらポジティブにもなれるのかもしれない。
(ちなみに偉そうなことを書いてありますが、未だ半分しか読んでいません←しかも入門書)

隣の家で男女が喧嘩をしてるみたい。
人生、いろいろあるなぁ・・・。


◇ サリンジャー 2004年06月22日(火)



昨日、甲殻機動隊を見てたら、サリンジャーのキャッチャーインザライが登場してた。

暗殺に行くときに持っていっていた。
「この世の中すべてが嘘っぱちだ」という語の引用もあった。
たぶん、レノンの例と掛けているのだろう。

昼から学校へ行って泰山小史の打ち込みをする。
漢文を入れるのは本当に面倒。

はぁ・・・・。

泰山の破壊における好例をここで紹介。

有宋時人題御帳坪字。十七年省府在泰。有鹽運署員。南海人楊某。刻雲橋飛瀑四字。下署楊某子某13歳書。因誇耀其聡明之愛児。遂将此古刻毀去。此真文字之刧矣。
(P58 御帳崖)

中華民国17年に宋代の人の字を消して、塩を売ってる親ばかの楊某君が子供が聡明であることを証明しようと、13歳の子供が書いた「雲橋飛瀑」という字を崖に刻んだらしい。

ど阿呆だよね・・・・。


◇ なんだろう 2004年06月22日(火)



昨日、睡眠薬を薬局で買ってしまいました。
夜、眠くならなくなってしまったのが原因。

昨日はだらだらと過ごし、今日もだらだらと過ごしてしまった。

反省です。

甲殻機動隊が今日、最終回でした。

寂しくなるなぁ。

また、DVD借りてこようっと!
映画も二本視なきゃね。


◇ bowling for Sasebo? 2004年06月15日(火)



なんだか、最近のTVって浅いような気がする。

大阪の事件の時はセキュリティが甘いって云うことだけですましてしまった。
例え、狂人であっても何故学校が狙われたのかちゃんと考えるべきではなかったか?

今回の件でも、コロンバインと同様に考えてるのも可能なような気がする。

海の向こうでは、地元も基地から飛び立ってイラクの人々を殺す飛行機。

ちゃんともっともっと深いところまで検証してみる必要があると思う。


◇ らふたん 2004年06月14日(月)



最近、周りの人達がペルシャ語を始めました。
題名の「行く」という動詞をよく使っているから、
覚えてしまいました。

今日は、家に着いたのが5時半でそれから、仮眠をとって、11時からのゼミへ・・・・。


なんだか、つまんないゼミなんだけど、
まぁ。。。。
俺が悪いんだよね。。。、

さて。

その後、彼女と共に我が家で勉強。

疲れました。


◇ 良くわからないこと・・・・ 2004年06月13日(日)



13日(一昨日)は友達の結婚お披露目パーティ。
何だか盛り上がりました。

中国人が半分、日本人が半分の14人でした。

宴もたけなわって所で2時すぎ。
当然、終電もなくなっていました。

タクシー代もないことはなかったが、
学生らしく歩いて帰りました。

京都駅から山科駅まで。
九条の峠を越えて、2時間半くらいだったかなぁ。

足もぱんぱん、五時過ぎに到着しました。

こんな馬鹿な生活。学生ってすばらしいなぁ。
生きてるって楽しいなぁ。


◇ ロックの神様 2004年06月05日(土)



ロックの神様が僕の左脳から突然現われた。

彼が云うには
「夢がある人間は強くなれる。君は歴史家になりたかったのだろう。いつまでも忘れるのではない」

ロックの神様は不思議な人。
HIVESやFOO-FIGHTERS、ASH等に入ってて色々と助言をくれる。

就職しても初心を忘れちゃ駄目だよね。
学費と当面の生活費と、子供の養育費、結婚資金・・・・。まおちゃんが助教授になるまでは、学問には専念できないかもしれないけど、常に志は持っておかなきゃね。
高校の先生を目指してもいいけど、
まぁ、両方だろうなぁ。
がんばらなくてはね。
そうだよね。
ロックの神様!
DIE ALL RIGHT BY HIVES


◇ 論文が手に入らない 2004年06月04日(金)



中国語の論文が手に入らない・・・。
泰安市で発刊された論文だから仕方がないのかもしれないけど。
インターネットで検索が出来るのは良いけど、手に入らないのでは。

本当に欲しい論文だから、近々、また泰安まで行かなきゃ行けないかも。

先生に相談したら、あきらめろとのころ。
あきらめられないよ〜〜。

留学している友達に頼んでみたけど。
どうだろう。

うーん。

中国人の先生にそうだんして、紹介状をもってしても無理かなぁ・・・・。

う〜〜〜〜〜ん。


はぁ・・・・。


◇ 国辱 2004年05月22日(土)



今日は某テロ国家に70億円もの身代金をN国が払った記念すべき日である。
誘拐グループの主犯である金某が誘拐した人達、子供五人に70億円なので、ひとり13億という未曾有の身代金を支払うこととなった。
誘拐された人達は400人にも上るという試算もあるため、身代金は総額6000億円にも上る可能性が出てきた。

N国の選挙時期は近づいてきており、N国大表選挙のための人気取りと、某テロ国家の思惑が合致したという所らしい。

選挙の為に国民の名誉と血税を売る、売国奴と云わずしてなんというべきか。

テロリストの要求には応じないと云っていた代表の嘗ての姿が思い出される。

N国国民は1970年代に政治に対し反乱を起こしたが、政府と財界の繋がりにより社会的に抹殺されたために、それがトラウマとなりすっかり国民は骨抜きにされてしまっている。

N国の国民にはデモをする自由も勇気もすでにないらしい・・。


◇ 落ち込む・・・。 2004年05月14日(金)



奨学金に落ちた。
あーぁ・・・・。
なんだか最近、落ち癖がついたみたいで、
しばらく立ち直れそうにありません。

もういやになってしまった。




はぁ・・・・・・・・・・・・・。


◇ F/M/G/F 2004年05月14日(金)



左から英語、フランス語、中国語、ドイツ語でF-wordッを書いてみました。

なんとなく、腹がたつ。

そもそも、彼女に就職に関して心配されるのが気にくわないようだ。
信じて貰えてないような記がする。

まぁ、本当にやりたいことではないからかなぁ・・・。
でも、お金が必要なことは確かだし。
もう一回勉強するにしても我が家にそんなお金はない。
だから、お金は必要で、父親に紹介された所だってある。
なにが問題なのか。

自分で自分がしたいことをするしかない。
ちょっと、働いてみた気もするし。

先生になるにしても、働くという経験は大切だと思うし。

色々な職業をしたいって思う。

うーん、、まぁ、この際、彼女がどう思うか何てどうでもいいか。

彼女が信じてくれないなら、俺も無視しとけば良いだけだし。

いろいろと考えるのもめんどくさくなってきた。


未だ若いし、どうにかなるっしょ。


◇ 頭がぷー 2004年05月13日(木)



どこかにぷー、ぷー書きまくってた奴が居たなぁと思って、記憶の中を模索してみたら故人の細川君だった。

どんな状況にあっても、細川君の存在は助かる。
すくなくともあいつよりはマシだと思えるから。

ま、故人を忍って事で許して貰おう。
だいたい、とっとと死んでしまう方が悪いわけだし。

今更職探し堕なんだかんだと悩んでいても始まらないか。


ここんところ、十八史略を読んでいる。
再び学者を目指すなら漢文の能力は必死だし、
それに英語も。。。。

とにかく、就職活動とそれ以外の時間はなにかをしとけば、どうにかなるよね。

いいや、自分が満足出来そうな気がする。

どうしようもなくなったら楼蘭でも歩いて探しにいったらいいよね。
うん。


◇ ASHの新しいアルバムが出ました。 2004年05月12日(水)



今日はASHの新しいアルバムが発売される日。
山科では売っていたかったので、京都駅まで行って買ってきました。

でも、思ったよりは・・・。
音がスマパンみたいなグランジ系になってるし、
アッシュの良いところが消えちゃうでしょ!!
って感じでした。

ま、もうすこし聞き込んでみてから判定しようかなぁ。


◇ 最近ね 2004年05月11日(火)



ここんとこ、三回ほど、日記を書いたのに表示がされないのは謎だぁ・・・。
やっぱりOPERAなんていう物を使っているからかなぁ。
そんなことはどうでも良いとして、
うちのうらに志賀直哉が住んでいたことが判明。
ちょっち吃驚。


◇ 十八史略から 2004年05月07日(金)



古本市で贖った十八史略を読み始めました。
ずーと漢文を読んでいなかったから多少能力が落ちているなぁ・・。
ショック。
まぁ、挫けないで少しずつ読んでいきませう。

今日は斉の桓公の話を読みました。
桓公は春秋五覇の最初に数えられる人、
しかしながら、天才宰相の管仲を失ってしまい、
死後はお家騒動の為、67日も死体を放っておかれ、棺桶からはウジ虫がわき出たという・・・・。

栄枯盛衰ってやつですねぇ。
2500年まえの平家物語みたいな話だねぇ・・・。
ブッシュもこうならなきゃ良いけど。


◇ ちあきちゃんへ 2004年05月06日(木)


9,905 byte

最近、孫燕姿という歌手の音楽を良く聴く。
彼女はシンガポール出身で、近年、東アジア世界では随分と人気であったとのこと。
遅いブームが私を襲っている。

中国語の勉強も兼ねてと思って聞いている内に、嵌ってしまった。
「顔も可愛いし歌もうまい」とジャケット宣伝にあったが、まぁ、その通りだ。
リッツの麻衣ちゃんともコラボをしたことがあるみたい。
う〜ん、アジアの音楽って良いね。


◇ くだらないこと 2004年05月05日(水)


35,848 byte

くだらないこと

明日までに研究計画書なるものを仕上げる。
エントリーシートを書く。
今やっている花より団子の台湾バージョン。

まぁ、いいかぁ。

ピース!


◇ 先人の書 2004年05月03日(月)



今日は市内の古本市へ彼女と足を運んで、以下の如き書籍を贖う。
1『漢文大系』明治四十三年 初版本
2『中国の歴史』人民中国の誕生 昭和四十九年
3『東西交渉旅行記全集』1・2
(プラノ=カルビニ他)
4『パーリ語辞典』

4は友達へのプレゼント。

『漢文大系』は十八史略を含むものなり。
初版本を千円(元値は2円だけどね)で買えるとはちょいと感激。

明治四十三年と云えば、1910年くらいかぁ。
およそ100年、どんな人の手を渡ってきていたか想像してしまう。

十八史略は漢文や漢学を学ぶ者の初学の書なれば、侍の生き残りが居た当初はさぞ重宝されたことであらう。
近年はこの書にとっては長い、退屈な時代であったに違いない。

一緒に漢文、漢学の世界を切り開いていきたいものだ。


◇ 人間としてのマナーと社会人としてのマナー 2004年04月18日(日)



大卒の新卒採用のセミナーに、ビジネススクールから来た女の子が紛れ込んだ。

可哀想に皆の前に呼び出されて、履歴書を破かれていた。
「大卒じゃないと駄目なんだよ!」と。

彼女に恥をかかせるのが目的か?
いったい自分は何様のおつもりなのか?

履歴書を書くのがどれだけ面倒か知っているのか?
大卒なら偉いのか?

解っているのか滋○銀行・・・?!

彼女を他の部屋へ連れて行くことだって可能だったはずだ、彼女へ履歴書を戻すことだって、試験に落とした事にしても良かったはずだ。

彼女を傷つけないで済むましな方法なら幾らでもある。
社会人になるって事はそういう事ではないと思う。

いつだって彼女だってお客様になる可能性があるだろう。

上辺だけで人が人を選ぶなんてことをやっていると、神にでもなった気がするらしい。

至極、無粋な計らいのお陰で、すっかり不機嫌だ。

文学部の大学院生なんて、彼女と同じお呼びでない物に違いないから、妙に同情してしまうのかも知れないけど。


◇ 良い一日 2004年04月11日(日)



今日の僕の一日はごくごく普通の一日。
昼頃まで予想外に寝坊してしまい、
あわててスーツに着替えて某銀行の試験を受ける。
尊敬する人は渋沢栄一。
うそではない。

就職活動中には「縁が在ればいいですね!」って言葉をなんども聞く。
人間は縁で結ばれているのじゃ、どんな人とでも。
って、教えてあげたくなる。

まぁ、縁を理由にする以外、人が人を選ぶなんて悪行をこなすには仕方がないのかも知れない。

我が家もそれで喰っているわけだしね。

その後、エントリーシートを二つ書き、これより、履歴書を書き始める。

シルクロードを徒歩で西安からローマまで行った人の本が着いた。

とっても忙しいのに、読み始めて良い物かどうか迷うところだ。

いつかはこの人のように旅に出たいと考えている。

彼女と就職をしたら結婚するつもりだ。
暫くは僕のお金で食べていって、彼女の給料が僕を抜いたときには素早く引退をして、シルクロードを旅しようかと考えている。

人生、一生、学志を忘れてはならないと堅く心に留めよう。


◇ the lost day 2004年03月17日(水)



或一日に何を思い当たらない。
15日、僕はなにをしていたのだろう。

なにも覚えては居ない。

やはり日記は付けておくものだ。

ま、たぶん、おだやかな平和がそこには在ったのだろう。(記憶に残らないと云うことはね)

今日はゆっくり起きて、彼女と昼食。
日記を読んで僕の精神状態をとても心配したとのこと。
現在の状態は少年Aに引けを取らないほど狂っているに違いない。

人間は常に狂気の隣に生活をしている(Mフーコー)。

そう思えば、吉田松陰や高杉晋作は好んで狂気という言葉を使っていたなぁ。

その後、学校へ説明会に行く。
就職課で相談の窓口があり、若い事務員さんが好意的であったので、悩みを相談してからかってやろうかとも思ったが辞めた。

現在の悩みは、エントリーシートの自己PRで全ての人間は大いなる者や自然に対しては限りなく=(イコール)に近いのではないかと書きたくなる衝動である。

こんな事を相談したら困るだろうなぁ。

でも、多少英語が喋れても、多少漢文が読めても、多少ドイツ語ができても、人間は本質的には人間で在る限り余り変わらないのだろうなぁ。
おそらく犬がお手しかできないのと、それにお座りができるのかの差くらいしか所詮、人間である限り変わらないのではないかなぁ。

また、在る程度の範囲では人間はポテンシャルを秘めた生物であるし、そんなことを色々と考えてしまう。


あ、今日の夕ご飯はM君の家で焼き肉をしました。

上記の内容について話したら呆れられたよ。

君を知らない人が聞いたら狂人だと思われるに違いないってね。

それでは、もう明け方。おやすみなさい。


◇ 穀潰し 2004年03月16日(火)



いつまにか、青年期も中盤に差し迫ってきている事に気づく。

久しぶりに日記を書く、かくかくしかじか、もうずいぶんと長い間、そう、一ヶ月近く日記を書いていなかったのではなかろうか。

引っ越し、就職活動、旅行、意味のない焦りと、なにがなんだか良くわからない忘我の状態にあった。
焦燥、混沌、疲労、虚無・・・。
すべて渦になって僕を飲み込んでいた。
そんな中に在って、彼女は僕の救いであった。
人が人を好きになるって事は凄い事だとつくづく思う。

僕は小さな人間で、最終的には人間は自分自身でしかないと考える。しかし、彼女はそれ以上の物あることを僕に考えさせてくれる。

そろそろ、結婚かなぁ・・・。
日記に彼女の事を面白可笑しく書くと決まって後で制裁が待っている。
たまには彼女への感謝を述べよう。

話は変わって、僕が今までしていたことを述べよう。
早い話、「穀潰し」といってしまえば全てが済むのであるが、ネガティブな言葉はそれと共に更にネガティブな世界へと僕を引き込むので、それは避ける。

だが、実は余り良く覚えていない。
倦怠感を伴った就職活動らしきものと引っ越しの準備らしきもの、それと焦燥感によって全てが気怠かった旅行。

旅行に於いては、やはり旅行というものは一人で行くべきであると言うことを実感。
結局、通訳兼ガイドとして自分の時間を規制されてしまう。その結果、インターネットカフェで就職活動も出来なかったし、研究も進まなかった。


ま、いいか。。。。。



心に常に青空を。
キリストの贖罪を信じて。

君に毎日笑って貰えるように。

俺の精神、だいぶ逝ってしまっているな。

ま、いいか・・・・。


おやすみなさい。

皆、元気でね。


では


◇ ほーむぱーてぃ 2004年02月22日(日)



今日はゼミの先生の所でホームパーティがありました。
なんとなく、うちの彼女のパパにうちの先生って似てるよなぁ・・・。

先生の作ったチーズケーキもなかなかのものでした。

おれもちっと見習って、チーズケーキでも焼こうかなぁ。

あ、就職活動しなくてはね。


◇ Girls And Boys 2004年02月19日(木)



今日の天声人語は結婚の形式についてであった。
なんだか頭がくらくらする。


80年代
90年代
そして現在と

なんだかいろいろな事があったなぁ。。。、
ちょっと疲れているのかなぁ。
鬱かも・・・。

そらは快晴なのに・・。

Love in the nineties
Is paranoid
On sunny beaches
Take your chances
Looking for

Girls who are boys who like boys to be girls who do
Boys like they're girls who do girls like they're boys
Always should be someone you really love


◇ nowhere man 2004年02月18日(水)



久しぶりの従姉妹との再会。
少しは大人になっていた。

友達も誘ってドライブへ。

その後、ちょっとしたトラブルが。

どう声を掛けて良いか解らない。

自分の無力感を痛感する。


◇ バレンタインデイ 2004年02月14日(土)



僕は仏教徒だから、もともとバレンタインは関係ない。
ま、奥手な日本の女性にとっては格好の機会になっているのだから、気にするのはやめよう。

まおちゃんは昨日は受験だったので、今日はなにも貰えないと思っていたのだけれど、手作りケーキを頂いた。
やはり手作りが一番嬉しい。

まおちゃんには『小さな中国のお針子』のサントラCDを贈った。
これはフランスからの輸入盤で、インターネットを隅から隅まで探してようやく見つけた物。

京都にはそんなに大きなCD屋さんがないのです。

話は変わって、
11時からのEZTVって、変に主観が入ってて腹立たしい。
これはワイドショーよりも酷い。。。。


◇ ん〜 2004年02月13日(金)



最近、ジョジョの奇妙な冒険のポーズを再現するホームページを友達に教わった。

ジョジョは作者さんがもともと衣服のデザインをやっていたらしく、登場人物のポーズがや衣装が常にスタイリッシュ。

ジョジョファンのなら必ず笑えると思うな。

>>>LINK


◇ 東京 2004年02月12日(木)



東京の町に出てきました
あいかわらず訳の解らないこと行っています

「くるり」の「東京」です。

おいらもこの京都にすっかり定住ムードです。

彼女が大学院の一次試験に受かりました。

くるりと同じでなんだか凄く寂しくもあります。

哀愁のバレンタイン二日前でした。


◇ ラストサムライ 2004年02月05日(木)



見てもいないけど、歴史学者の卵として突っ込み。

以下、ラストサムライHPより引用

はるか遠く離れた地では、もう一人の戦士が、自分の信じてきた生き方が危機にさらされていることに気づいていた。彼の名は勝元(渡辺謙)。天皇と国のために代々命を捧げてきたサムライ一族の長として深く尊敬されている男だ。先住民を追い詰め追いやりアメリカの西部を侵略したのと同じように、近代は伝統的な日本をも飲み込もうとしていた。発展の象徴である電線と鉄道が国土を覆い、サムライが何世紀にもわたって生き死にの拠り所としてきた価値観や規範は軽んじられるようになった。

@天皇と国の為代々?

天皇が貴しとされだしたのは、幕府が頼りなくなってからである。それと同時に尊皇攘夷の思想が流行出すので、これはおかしいのではないか??

水戸藩士や長州藩士、もしくは、土佐の郷士であったならば、すこし事情は異なる。

水戸藩は国学が栄えたために、尊皇の意識が強い藩であるが、それ以前に徳川幕府を尊しとしていたはずである。
長州藩は、尊皇攘夷の思想が入るのは幕末になってからのはずで、それ以前は単に幕府に恨みがあっただけにすぎない。
土佐の郷士は尊皇攘夷の思想が流行ってから、それに便乗しただけであるし、かれらは侍の中でもアウトローでありラストサムライにはなれないであろう。

国については言語道断、日本国の概念を最初にまともに考えたのは坂本龍馬って話もあるくらいだから、先祖代々なんてありえない・・・。

Aアメリカからの軍事顧問?
明治期の日本の軍隊は専らフランスかプロシアを手本としていたはずである。
アメリカからの軍事顧問などは考えられない・・・。
福沢諭吉や津田梅子は留学していたが、当時の人々はアメリカが軍事的強国であると思っていたとは考えづらい・・・。
アメリカは南北戦争後であるし、国力は疲弊し、また、対外的に戦争をしていない。
それにくらべ、フランスやプロイセンは他国を圧倒する軍事力を持っていた。

世界史的にアメリカが力をまともに発揮してくるのは、第一次世界大戦以降ではあるまいか?

歴史の改ざんではないか?
これによって多くの日本国民に間違いが植え付けられるのではないかと心配である。
実際、テレビを見る限りそのまま信じ込んでいる様な人が多いような気がする・・・・。

ちなみに大村益次郎が廃刀令のために殺されるのは、激怒した薩摩藩士だったような気がする。
これには微妙な力関係が働いているような気が・・。

B甲冑について
幾らなんでも明治期に入ってから甲冑を着てる人はいないっしょ・・・。
幕府軍と闘っている時から、薩長は洋服ではなかったっけ??
西南戦争の時だって西郷さんは洋服を着ているような気がしなくもないっす・・・。

日本史が専攻の人、教えてください。
こんなに矛盾点があるのに見に行って感動できる人がいるのが不思議だ・・・。
日本の近代史を知らないのに違いない・・・。

以上、見てもいないのに勝手にトムに突っ込みでした。


◇ ええねん! 2004年02月04日(水)



最近、繰り返して良く聞いている。
ウルフルズの「ええねん」。
ほんま、ええ曲やね。
LET IT BE だね。


何も言わんでもええねん
何もせんでもええねん
笑い飛ばせばええねん
好きにするのがええねん
感じるだけでええねん
気持ちよければええねん
それでええねんそれでええねん

後悔してもええねん
また始めたらええねん
失敗してもええねん
もう一回やったらええねん
前を向いたらええねん
胸をはったらええねん
それでええねんそれでええねん

僕はお前がええねん
好きでいれたらええねん
同じ夢を見れたらええねん
そんなステキなふたりがええねん
心配せんでええねん
僕を見てればええねん
それでええねん
それだけで

アイディアなんかええねん
別になくてもええねん
ハッタリだけでええねん
背伸びしたってええねん
カッときたってええねん
終わりよければええねん
それでええねんそれでええねん

つっぱって突っぱしる
転んで転げまわる
時々ドキドキする
そんな自分が好きならええねん
そんな日々が好きならええねん

情けなくてもええねん
叫んでみればええねん
にがい涙もええねん
ポロリこぼれてええねん
ちょっと休めばええねん
フッと笑えばええねん
それでええねんそれでええねん

何もなくてもええねん
信じていればええねん
意味がなくてもええねん
何かを感じていればええねん
他に何もいらんねん
他に何もいらんねん
それでええねん
それだけで
ええねん


◇ Longview 2004年02月03日(火)



TAKなら知ってるかも知れないけど、GREEN DAYの曲目の内の一つ。


Sit around and watch the tube but, nothings on
Change the channels for an hour of two
Twiddle my thumbs just for a bit
I’m sick of all the same old shit
In a house with unlocked doors
And I’m fucking lazy

Bite my lip and close my eyes
Take me away to paradise
I’m so damn bored I’m going blind !!!
And I smell like shit

Peel me off this velcro seat and get me moving
I sure as hell can’t do it by myself
I’m feeling like a dog in heat
Barred indoors from the summer street
I locked the door to my own cell
And I lost the key

Sit around and watch the phone, but no one’s calling
Call me pathetic, call me what you will
My mother says to get a job
But she don’t like the one she’s got
When masturbation’s lost it’s fun
You’re fucking breaking

Bite my lip and close my eyes
Take me away to paradise
I’m so damn bored
I’m going blind
And loneliness has to suffice
Bite my lip and close my eyes
Slipping away to paradise
Some say, ’quit or I’ll go blind.’
But it’s just a myth


歌詞が無気力そのもの。
僕も今はそんな感じ、
このままじゃいけないとは思うけど。

まぁ、いい、そろそろ退屈にも飽きてきたし。

今は充電中と思うことにしよう。ポジティブにね。


◇ 伊藤果子太郎について 2004年02月02日(月)


53,882 byte

今日は昼より勉強をする。
彼女に連れられ、古地図を探す作業を学校でするが見つからない。

帰り道、伊藤君が切られた場所を見学する。
(七条油の小路下る)

私は長州贔屓なので、割に彼が好きである。

もとより新撰組は芹沢が討幕と尊皇攘夷を目指して、設立しているから、見方を変えれば、彼が正しい道へ戻そうとしたとも取れる。

司馬遼太郎は彼を「まぁまぁ」が口癖な優しい人物として描いている。

そんな彼に藤堂君もついて行ったのだろう。
新撰組ファンから見れば裏切り者だけど、何となく、不当な評価の様な気がしてならない。


◇ HAPPY TOGETHER 2004年01月29日(木)


6,659 byte

あまりネガティブな話ばかりを書いてしまい、
心優しき人々を悩ませている。

そんな訳で今日は明るい話。

関西地区では木曜の深夜(三時から四時)に「HAPPY TOGETHER」という題名のドラマを放送している。(BS日本テレビでもやっているそう)

これがなかなか面白い。

韓国ドラマで、しかも字幕。
ストーリーは明解、且つ、テンポ良く。
しかも、配役がナイス。

JSAの人や、猟奇的な彼女のジヒョンちゃんがでていたりする。

深夜に暇な人は一度見てみましょう。

参考までに下はウェブページ。

>>>LINK


◇ 亡國 2004年01月27日(火)



電車で大津驛を通り拔ける。

その時、ホームから見える光景は珍奇なものだ。
一面の消費者金融とカード會社の巨大看板。
アコム・アイフル・・。
不況なのは解るが、社會はどうしてこんなハイエナ共が幅を利かせてゐるのを放置してゐるのか?

看板を置かせるビルの所有者。
法外な高利を貪るハイエナ。
政府は獻金が欲しい。
世論にとってはスポンサー。
三權分立の狹間・・。

ここにはもっと増しな光景が有ったはずだ。

この國の爲に多くの人が死んだはずだ。
日本人の倫理感はどこへ行ったのだろう?
こんな筈じゃなかったのだろうな・・・。
日本人の倫理感はどこへ行ったのだろう?
こんな筈じゃなかったのだろうな・・・。


◇ 小学校の校歌 2004年01月26日(月)



紫かすむ桜草
名にこそかおれ 戸田の里
朝な夕なの つちかいに
学びの園の 匂わしや

誠実剛毅 勤倹の
校訓常に 守りつつ
心を鍛え 身を修め
日本の国の 民たらん

作詞 鈴木静 作曲 成沢潤蔵

最近、この小学校の校歌が頭を廻ってる。
人間、歳を取るとこの様な現象が起るらしい。

「誠実・剛毅・勤倹」なかなか良いことを言っているよなぁ。
「日本の国の民たらん」はいいとしても。
HPに依ると大正6年に作られたらしい。
この歳になって意味が分かってくるとはなぁ。。
二番と三番も有ったはずだけど、
卒業アルバムを見たら解るかなぁ。

就職活動でモットーを聞かれたら、此を応えましょう。
誠実・剛毅・勤倹かぁ。。。


◇ 復活 2004年01月25日(日)



最近、ボロボロの生活を送ってきてしまっていた。
空白(ブランク)って奴です。
そうそう、今日は映畫のABOUT A BOYを見ました。
結構、笑えて、ハートウォーミングでオシャレで、良い作品でした。

日記を付けてゐると生活に張りがでます。
できるだけ、澤山付けるようにしなきゃね。


◇ お疲れさんなのさ。 2004年01月20日(火)



昨日も以て授業は終了。
最後に發表が有ったので、
隨分と疲れてしまった。

そんな譯で今日はゆっくりしたかったのですが、
學校で先生の手傳いのアルバイト・・・。

なかなか、大變。

その後、歸るのがめんどくさくなって、
漢文の勉強をする。

ちょっと、喉が痛い。
風邪かなぁ。


◇ 騾馬の悲哀 2004年01月18日(日)



雌馬と雄ろばの間にできた雑種。小柄だが丈夫で粗食にたえ、耐久力もあるので、労役に使われる。繁殖不能。
(漢字源)

全ての生物がDNAの乗り物であるならば、何故、騾馬は生まれてくるのか?

人間に労役を課せられるため?

なんだか悲涼を感じさせるなぁ。


◇ 伏龍鳳雛 2004年01月17日(土)


33,754 byte

今年の目標は伏龍鳳雛です。
「野に伏してゐる龍(=諸葛亮)と鳳凰の雛(=龐統)」と徐庶が喩へて言った言葉なのだ!

當時、諸葛亮達は荊州で隱遁生活をしながら、學問に勤しんでいたわけでして、私もこれにあやかり、實力をつけ、來るべき日に備えて力を付けておきたいという決意を表したのです。

寫眞は北野天滿宮での書き初めです。
孔明さんに笑われないような人物にならねばね。


◇ くるくるくるくるくる 2004年01月16日(金)



人間ってなんなのだろ。
よくわかんなくなります。
毎日、楽しく遊んでますが。

くるくる・・・・・。


◇ 政治的な話 2004年01月13日(火)


37,290 byte

この日記は人目に触れるので、
あまりにもプライベートなことを書くのは憚られる。
しかしながら、今日は書かずにはおられない。

今日は民主党、自民党が憲法の改正へと乗り出した記念すべき日である。
盗聴法・マスコミ規制法・国民総背番号制・有事法制・
憲法改正・・・。

この国はどこへ向かうのだろう。
嘗て、孫文が神戸の演説のなかで
「アジアの盟友としての王道か、アジア制覇の覇道か、どちらかを選ぶ時である」と謂った事を回想させられる。
日本は再び、世界システムに於ける中核国家を目指しているのであろうか?

我々の平和憲法はなくなってしまうのだろうか?
戦後民主主義に終止譜が打たれる時が近づいている。

そして、私はなにが出来るのであろう?
ジョンの様に愛を叫ぶか?
マルコムXの様に闘うか?
2ちゃんねるにカキコをするか?

後の世代に笑われる様な事はしたくないなぁ。。。

左、マルコムX也


◇ 蛍光灯をほしい。 2004年01月11日(日)



うちとこの蛍光灯は、毎日、ちかちか、、、。
蛍光灯の専門ショップで買ったはずなのに、
最初から不良品。
わざわざ、寺町に持って行くのも骨なので、
放っておいたけど、目が疲れるんだよね。。。。

それはそと、レポートしなきゃ。
この生活にも最近、飽きてきたなぁ。。。
就職かなぁ。。。。
はぁ・・・・。

あんまりやる気がしないのだよね。
いつか学者になりたいよう。。。

まぁ、取りあえずかな。


◇ 最近、病的かも 2004年01月10日(土)



良く分かんないけど、最近、病的。
そんななか、昨日は彼女の卒論終了ってことで、
お祝いに出掛けてきました。

近々、シャナゴンとプロジェクターを入手?
ま、詳しくはさなごん日記へ。


◇ 復活、丈太に捧ぐ 2004年01月09日(金)



丈太、元気にしてるか?
俺は元気にしてるぞ。
もうお前より6年も遊んでるぜ!
これからももっともっと良い思い出を作ってやる。
やばい、死ぬほど躁だ・・・。
ざまあみやがれ!
お前ともっと遊びたかったよ!
じゃあな。
なに?生き長らえてるだけだって、
ちげえねぇ。
でも、それもいいじゃない?

この世は美しいぞ!
死ぬのはいつでも出来るからな。
ではな・


◇ ルミナリエ 2003年12月17日(水)


30,484 byte

今日は彼女の誕生日の前倒しってことで、
ルミナリエを見に行きました。

付き合った当初に見に行ったきり、行ってはなかったので、結構、感動しちゃいました。

やっぱり無駄なことって良いですよね。
そうとうな電力を喰ってるとは解っていても(・・)(。。)(・・)(。。)ウンウン

後、彼女に可愛いクリスマスプレゼントを用意して貰いました。

一日の終わりに思わぬ朗報も在ったりして、
最高の一日でした。


◇ るんるん 2003年12月16日(火)



この日はのみ〜が関西へ来てました。
バイトを学校でして、のみぃ〜を東山へ探しに行く。
行くところを決めてなかったので、ふらふらとしていたら、縁切り神社にたどり着きました。
これが存外楽しめてね〜。

まぁ、神社のコンセプトが
「悪縁を切って、良縁を結ぶ」って事なのです。
そのためか、書くのもオゾマシイようなお願い事が沢山絵馬にありました。

例えば・・・
「結婚した夫の前妻との間の子AとBが邪魔なので縁を切ってください・・」
「不倫相手の正妻との縁を切って、私との縁を繋いで」
逆に
「浮気相手とうちの旦那がもう二度と会うことがないように・・・」
等々・・・。
こういうモノを書くような立場には余りなりたくない・・・。

その後、ラブホ街を抜けて辻里へ入ってパフェを食べました。(詳しくはのみぃーのページを参照か?)

七時半にSANAGONとあってご飯を一緒に食べる筈だったのに来ない・・・。とかいうハプニングもありましたが楽しい一日でした。


◇ 週末週末 2003年12月15日(月)



これから明日の宿題をします。
ずばり論文の要約。
ああ・・・・
結構めんどくさいのよこれ。
どうしましょ。
うぅ〜。


◇ 死体写真 2003年12月13日(土)



今週の『週刊現代』にはイラクで殺された、外務省職員の惨殺死体が載っていた。
心臓が悪い人は読まない方が良いと思う。
それぐらい凄惨なものだった。
表紙には「みろ小泉!」とあった。
確かに、これも現実である。

日本のマスコミは死体を報道しないというのが原則らしい。
だが、ここには机上の「死者2名」という数字とは違うなにかが有るような気がする。

日本陸軍特殊細菌部隊は中国人を丸太と呼ぶことで、人という枠で観ないようにしていたという。

マスコミは知らず知らずのうちに人を丸太にするような事もしているのかもしれない。
もちろん、残された家族への配慮もあるとおもうが。

有事法制・マスコミ規制法・自衛隊海外派遣。。。
時代は変わる。

今日、市内を右翼の車が軍歌と共に走っていた。とっても御国が好きらしい。
国家・国益のために右翼から優先的に海外派遣させてあげたらどうだろう。彼らも喜ぶだろうし。


◇ さなごん来襲 2003年12月11日(木)



さなごんが寮に戻ってくることになりました?!
びっくり?!
素直に嬉しいと書いておきましょう。
退屈してたのよ〜、しゆとイアンも行っちゃったしさ。
さなごんと住んでいると楽しいことが一杯!
わくわく冒険ランドに早変わり。

あんまり書くとうちの彼女の嫉妬(ジェラシー)の嵐が来るからこれ以上は書かないけど。

ま、深夜の徘徊とか、漫画の輪読会とか、まぁ、楽しいことが沢山。。。。
実際は結構、互いに忙しいのだけどね。


◇ ちょっち、ふらふら 2003年12月10日(水)



今日は朝から英語!
なかなか起きられない。。
エミネムが諜報機関にマークされているという記事から、現代のアメリカ帝国主義について語った。

昨日の密会の疲れから早く帰ろうと思ったが、友達に強引に引き留められ、4限目は爆睡・・・。、
最近、睡眠障害からか、授業中でもくらくら、短時間寝てしまうときがある。


◇ 4年目 2003年12月09日(火)



うちの彼女とつきあい始めてから4年目に突入。
もう随分と時間が経ってしまった。
一重に僕の我慢と忍耐の賜物って言いたいところだけど、ま、それだけじゃ、無理だよね。

そんなわけで、今日は晩餐に仏国料理を食べに行きました。
結構、美味しかった。
また行きたいなぁ。。。


◇ ミスチル 2003年12月07日(日)



最近のミスチルの曲はよい。
味がある。
格好いい。
ビートルズの後期のような感じだね。

でも、桜井さんの奥さんがギリギリガールって
ことは微妙。

それはどうでも良いこと。

今日はさなごんに久しぶりに再会。
朝、突然にご来訪だったから驚いたよ。

最近、なんだかなぁ・・・。
頭がすっかり仏教徒になってる。
浄土真宗に汚染され始めたらしい。
ま、他の宗教よりは良いかな。

もともと、真宗大谷派の家系だし。


◇ 幸福論 2003年12月06日(土)



人間の煩悩って、沢山ある。
可愛い女の子が好き。
お金が欲しい。
長く生きたい。
健康でいたい。

全ての煩悩を消すことは難しい。
だから、すこしだけの煩悩は許して貰う。
そして、もっと強力な神様に許して貰う。
それが大乗仏教の発想だよね。

僕の幸せってなんなのだろう。
悟りを得ること。
なんだかわからなくなってしまった。
ただ、僕が生きてる「この世は甘美で美しい物だ(シッダールタ)」


◇ おけいはん 2003年12月05日(金)



木曜日は結構ハードな日。
美術史があって、先生の手伝いをして、
教育学の授業を受ける。

国際文化なるものは忙しいものだ。
少し自分に感心。

教育学の先生は僕を褒め殺しにするからこまる。
ちょっち、真面目にレポートをせなね。


◇ 金曜日 2003年12月05日(金)



この日は学校で留学生にパソコンを教えて、
その後に講演会を聞きに行く。
いろいろと面白い話が聞けた。
少々眠かったりもしたけれど。

知識を得たいって煩悩はなかなか消えないなぁ。


◇ 我は何者ぞ! 2003年11月29日(土)



今日はI&S亭へ行ってきたのです。
二人は大の親友で、二人の仲は僕が取り持ったのです。
一時は微妙な三角関係に陥ったけどさ。
ま、今は二人同棲して幸せに暮らしています。
人の幸せな姿を見るって言うのは良い物だね。

それはそうと、今日、友達の彼女がうちの大学院の試験だったらしいのね、そこで、僕の話をしたら、僕って優秀で知られているそうな・・・・。
サボって、遅刻して、授業に寝て・・・・。
最悪なのに。

あんまり期待されてる様で気味が悪い。

馬謖の様に光るものでもあるのだろうか・・・。
すると最後には>斬られる・・・・。
気を付けましょう。白眉を目指して!!


◇ 久しぶりの日記 2003年11月25日(火)



今日は朝より子供達にコンピュータを教えました。
最近はだんだんとレベルアップしてきて、僕も追いついて更に子供達に教えなくてはならず、必死です。
(しかも、専攻は超文系だもんね)
帰りに、彼女と会ってお茶と勉強。
スタバの愛想の良いお姉さんが、後輩へ指導するときは凄く嫌みったらしく、資本主義社会の歪みを見たような気がしました。
これなら中国みたいに裏と表がない方が・・・・。

後、8時の閉店に間に合うようにスーパー買い物をして帰りました。

帰ってから、11時まで二時間の仮眠を取ってから食事の九条ネギと豚肉の炒め物を作りました。
(中国の留学生になんでいつも中国料理って不思議がられました。中国のことを勉強していると自分の作る料理まで中国菜になるらしい・・・。)


◇ 空腹絶倒 2003年11月19日(水)



ここのところ、脳みそが壊れて、満腹感と空腹感を感じなくなりました。

それを良いことに一日一食、しかも、菓子パンみたいな事をしていたら、いつの間にやら体重が減って倒れました。お腹がナイフで刺されてるみたいに痛くて、発熱があって、鼻水がでる。
最悪です。
皆さん、食事はきちんと取るようにしましょう。
お腹が減るから食事を取るのではなくて、健康の為に取るようにしましょう。


◇ 京都の夜空 2003年11月17日(月)



京都の夜空は綺麗だ。
関西が地元の人が奇異な感を覚えるだろう。
されど、関東出身の人は頷いてくれるに違いない。

ここの所、忙しくて毎日が毎日、日記を書く余裕すらなかったような気がする。

でも、空白の日が続くのも、何かむなしい。
少しずつ思い出して、記していこう。


◇ ぽけ〜 2003年11月16日(日)



一日、休日を取る。
三時に起きる。
テレビをぼぅっと見続ける。
高橋尚子が走っていた。
負けた。

何だか虚しかった。


◇ アレクサンドロス大王展へ行く。 2003年11月15日(土)



彼女を連れ立って(正しくは連れられて)、アレクサンドロス大王展へ行く。
専攻と被るから、楽しみにしていたのだ。
(わいわい)

兵庫県立美術館は綺麗なところで驚く。
内容も最高レベル。
ただ、神戸は僕にはひたすら遠く思われた。
行くまでに疲れちゃうね。


◇ う〜ん 2003年11月14日(金)



この日は記憶が薄れてて・・・・。
二限目の留学生向けのコンピュータの授業では、お絵かきソフトについて教える。
昼からは、易教について勉強・・・。
しんどかった。
その後、残って一人でお勉強。
昔は、宿題をしていかなくて、いつも残ってたなぁ・・。あの頃は厭で厭で仕方がなかった。
いつから自主的に居残りをするようになったのだろう。


◇ 英語って・・・。 2003年11月13日(木)



今日は朝から英語の授業。
私は遅刻をして、終了十五分前に登場。
英語はなんだかなぁ。
東洋史をしていたぶん、英語が抜けていたからなぁ。
がんばらんと。
その後、TAのバイト。
最近の子は面白い。いろんなレポートの出し方をする。

その後、農業の授業では熟睡をする。
困ったものです。


◇ くらくら 2003年11月11日(火)



朝から、コンピュータを教えるバイト。
今日も遅刻。
次回こそ(明日)ちゃんと行こうと心に誓う。
その後、宗教界の重鎮とヨタ話。
この日は疲れが未だ取れずして、くらくらしていた。


◇ ぽわ〜ん 2003年11月10日(月)



前日からの疲れで。
2限を寝坊する。
尊敬する先生で、頭が上がりません。
(泣)

大反省・・・・。


◇ 結婚式の次の日 2003年11月09日(日)



今日は結婚式に来ていた祖父たちと共に東京を見学。
新しい建物が沢山建っていた。
五年という期間の長さを感じた。

その後、京都へ帰る。
やはり我が城が一番じゃ・!


◇ 姐の結婚式 2003年11月08日(土)



姐の結婚式に参加する為に、前日より東京へ。
なかなかすることが有って、睡眠不足で式に参加。
めっちゃ調子が悪かったっす。

結婚もありかな・


◇ 羿の的中にあり 2003年11月03日(月)



荘子には「羿の的中にあり」って言葉がある。
羿は昔の弓の名人で、5つの太陽が世界に存在したのを4つまで打ち落とした人だと言われている。
この言葉はどんな人間も羿の的の中にあり、彼の弓から逃れることは出来ない。
つまり、いつだって死の危険は存在するってことらしい。

我々は明日死んでも良いように毎日生活をしているだろうか?
今日は人に優しくしよう。
今日は彼女を大切にしよう。
今日は少しは勉強をしよう。
明日にはもうない命かもしれないのだから。


◇ 週史 2003年11月02日(日)



今回も「一週間を振り返って」って感じの日記(なのか?!)になってしまった。
わざわざ読んでくれてる人には本当に恐縮ものです。

では、まずは今日から。

今日は風邪気味で明日も休みって事で、一日寝て暮らしました。
テレビでバレーボールがやっていて、それも結構みていたかなぁ。
お昼は近所のお寿司屋さんで食べて、夕食は自分で作りましたよ。書いてたら、なんだかお腹が減ってきました。
後で何かをつくるかも。深夜だけどね。


◇ 散策(昨日) 2003年11月01日(土)


104,297 byte

昨日は終日、彼女と京都を散策+買い物でした。
散策は隻林寺というお寺にフィールドワークの用があったので、それも兼ねて。
結構、紅葉を見に来てる観光客の人が多かったかなぁ。
僕は風邪気味で終始具合が悪くて、それに伴って彼女の機嫌も傾いていったから、最終的には喧嘩。

まぁ、最終的には仲直りして、おいしくご飯を一緒に食べました。

昔は僕に合わせて一緒にケーキを食べてくれたけど、最近は甘い物は嫌いと公言している彼女。
まぁ、世の中そんな物かもね。

〜本日の一枚〜
東山のラブロードにある。青蓮院の門。
綺麗に撮れてます。


◇ のっそり(一昨日) 2003年10月31日(金)



この日は朝から留学生にコンピュータを教える日。
ちょっち寝坊したら、電車が事故で1時間遅れ。
神は僕を見放さなかったと思うが誰かが死んだためかと思うと少し哀れになった。

留学生のコンピュータの扱いは日々進歩。
後は中身だね。
その後、宗教の概要についての授業にでる。
ミッシェルフーコーの言う主体とシッダールタの主体には共通点が多いと考えた。これについては何か面白いものが書けるかもしれない。

明日よりクリスマスのイルミネーションが京都の伊勢丹で始まることを知る。
去年の今頃の事がはっきりと思い出され、時の移ろいの早さを実感する。

荘子にこんな話がある。
ある時、王様が本を読んで研究していると、そこに車の技術者が来てこう言う。
「貴方が研究しているのは人の知識の抜け殻であって、知識そのものではない。そんな物を研究してどうするのか?人間実際にやってみないと解らないことだらけだ。」

僕もそういった知識の抜け殻をコレクションして時間を費やして遊んでいる愚か者かもしれない。


◇ 普通の一日 2003年10月30日(木)



今日は二時間目が美術史。
三時間目は教員補助。
四時間目が教育学っていう取り合わせ。

美術史では9000万円もする尾形乾山の器を手にとってしまった。
やはり良い物はいいものだね。
椀の価値はわからなかったけど、こもの入れは釉薬の発色も見事なものでした。

日本の文化はへたでも心が入っていれば良いらしい。
なかなか興味ぶかい。

三限では一年生のレポートをいろいろと拝見する。
おれもこんなもんだったなぁと思いつつ、これではいけないなぁともおもう。
この学部にはTAの制度の確立が必要だなぁ、、。


◇ 水曜日(3日前) 2003年10月29日(水)


55,136 byte

一限のメンドクサイ英語の授業を休んで、彼女と朝からランデブー(死語?)。
英語の授業はイブンサイードって人のオリエンタリズムって本について。
おいら全く興味がないのね。
ま、仕方がなくもある。
周りはしっかり大学時代に英語をしてたけど、俺はその時間をそのまま漢文に当ててたわけで、なにをいってるか分かんないし。
興味もあんまりないのですね。

う〜ん。
まぁ、困ったことです。
水曜の朝からっていうのも問題だなぁ。。。
まぁ、責任転嫁をして楽しくデート。
日が真上へ上がった頃、重い腰を上げて学校へ。
今日はユダヤ教の先生がアメリカから来てて、大学院生徒教授陣の為に講演をしてくれるらしい。
旧約聖書に登場する予言者の詩について、話してくれたけど、僕には解らなかったや。
多分、春秋の左伝と苦羊伝の違いみたいな感じだったのかなぁ・・・。

そんなかんだで、勉強してたりしたら帰りは真っ暗、写真を撮って帰りましたとさ。

〜本日の一枚〜
大学の校舎で色づいた葉っぱを撮りました


◇ くるくる(4日まえ) 2003年10月28日(火)



この日は朝から寝坊。
教員補助のバイトなのにだいぶ遅刻。
たまたま、同じバスに生徒が遅刻して乗っていて笑ってしまった。

この日のコンピュータの授業はエクセル。
今まで眼を掛けてきた生徒が全然出来ない。
僕が甘やかして結局手助けをしすぎたせいなのかなぁ・・・。
人に教えるって難しいや。


◇ 忙しかったじょ〜 2003年10月27日(月)



今日は発表がふたつも有ったために、前日からず〜とお勉強。その為に終日睡眠不足でくらくらしてました。
明日も教育補助のバイトで忙しいし、ちょっち、余裕がない日々が続きそうです。
図書館の本をちゃんと返さないとなのだけど、、、なかなかねぇ。
がんばりましょ。


◇ 週記 2003年10月26日(日)



こんばんは!
みんな、色々メッセージをありがとう。
凄く嬉しかったです。
言論の自由が奪われたために、一週間ほど断筆していた為に日記が週記になってしまいましたが、この度、和平が結ばれ、又コツコツと書いていきたいと思っています。

書かなくなると日記を見たくなくなっていたので、返事が遅くなってしまって、ごめんなさい。

それでは月曜から

月曜日・喧嘩の翌日の為にレポートが完成出来ず、二時間目をサボる。。

火曜日・朝から子供にコンピューターを教える日。すっかり教えながらだれてしまっていた・・・。

水曜日・この日、彼女が風邪を引いたというので帰りに見舞いによったら「こんな夜中に急に来るな!(この時は未だ九時過ぎ)」といって怒られる。困った人だ・・。

木曜日・今日は休みの為に一日平和に寝て過ごす・・。

金曜日・中国の留学生にコンピュータを教える。俺も中国語の入力方法を習いたいなぁ・・。その後、その子達とご飯を食べる。友達の友達であった。世間は狭いなぁ。

土曜日・まおちゃんが風邪を引いたというので、今度は呼び出される。女は勝手だといったら女性に失礼かもしれない。僕はある程度、我が儘な女性の法が好きなのかもしれない。
(SANAGONとかTAKもかなぁ?)

日曜日・今日は友達の引っ越しの日。四年間一緒に過ごした友達2人。婚約をして一緒に暮らすらしい。二人の架け橋となったのは僕で、なんだかとても変な気持ちがする。寂しいのだけど何だか、妙に冷めた自分がいる。
困った物です。


◇ ぼろぼろ 2003年10月20日(月)



もう、ボロ雑巾のようになってしまった。
彼女と喧嘩をすると疲れる。
喧嘩をするために付き合っているわけではないのにね。
困ったことです。
これを見て文句を言われるかと思うと、又疲れる。


◇ 神社にいく 2003年10月18日(土)


91,798 byte

今日は神社でいろいろとフィールドワーク。
楽しかった。
いろいろと発見もあったし。
おもしろい論文を書けそうな予感。
がんばるぞ〜!

〜今日の一枚〜
神社(お寺?)のおさるさん


◇ ハロウィン 2003年10月17日(金)



今日はハロウィンパーティが寮でありました。
片付けをほぼ一人でやったかな・・。
つかれたよん。
最近こればっかだなぁ。


◇ なぜか・・・。 2003年10月14日(火)



最近、元気がなかったのと、妙に忙しかったので、日記はお休みしてました。
皆さん、おまた。
あは。
今日は道教について調べてました。
先生の補助のバイトが二つ。
また、お腹が痛くなったよ。

火曜は問題があるなぁ。


◇ 月曜 2003年10月13日(月)



ぽけぽけ。。。
一日、なんにもしなくて、少しいらっちになる。
なんでかなぁ。
心に焦りがあるらしい。
勉強しなきゃなのにね。
こまった


◇ 来客 2003年10月12日(日)



今日も彼女とデート。
昨日から一緒にいるので、
何となく疲れてしまった。

彼女でもやはり気は使う物だね。
また、遊びに来て欲しいなぁ。


◇ やすみ〜 2003年10月11日(土)



今日は久しぶりのお休み。
昼から京都学生祭りへいく。
倉木麻衣が歌うらしい。
まぁ、おいらには関係ないけど。
友達がアフリカ料理を作ってるらしいので、
食べに行くが売り切れでした。
凄い人のため、人混みが嫌いな僕たちはぼろぼろに。
なれないことはする物ではない。

おつかれな休日でした。


◇ 金曜日 2003年10月10日(金)



金曜日×金曜日
今日はデジカメを学校に持って行って、
友達を撮りまくった。
こんど、アップしますね。

それをプリントアウトして、教室に張り張り。
あっという間に安保闘争の雰囲気へとトリップ。。。

その後、友達と共にラーメン屋、オシャレなカフェへ。
楽しかったなぁ


◇ 木曜日 2003年10月09日(木)



木曜日〜。
朝は学校をサボって。
(実際は授業が有ったのを忘れてた)

その後、彼女が訪問。
午後もサボる。。


◇ ヒステリーと私 2003年10月08日(水)


69,783 byte

今日は朝から授業。
英語の宿題を電車の中で適当にする・・・。
(後で怒られるかも。。。)

その後、4時間目まで暇。。。
こういう日もよい。
実際は書類を書くのに忙しかったのだけど。

5時過ぎより彼女と会って買い物に付き合って貰う。
何故かお腹の調子が悪い。

帰ってから彼女のインターネットショッピングに付き合う。
会員登録がなかなか出来なくてヒステリーを起こす彼女。
なかなか、女は難しい。

〜今日の一枚〜
読んだ君パンダ。
結構、これってなかなか良い物だよね。
どことなくインテリジェントでさ。


◇ くらくら 2003年10月07日(火)



コンピュータの指導緒補助員のバイトと先生の手伝いで終わった一日って感じ。。
いろいろとおいらも苦労があるのさ。
・・・・・。
最近、いいことないなぁ。
溢れんばかりの覇気はどこへ?


◇ ぽけぽけ 2003年10月05日(日)



午前中はゆっくりして、午後からは明日の発表に備える。結構、身体がぼろぼろだ。
まぁ、なんとかやっていかないと。
そんなかんじ


◇ あそぶ 2003年10月04日(土)


48,620 byte

今日は鴨川でのんびりしてました。
なにげなくもゆっくり出来た一日でした。
〜今日の一枚〜
鴨川の夕暮れ


◇ くらくら 2003年10月03日(金)


5,138 byte

今日は午後から教員補助へと思ってたら、午前中からですっかりサボってしまった。。
そんなわけで昼から晩まで勉強。
だいぶ疲れてしまった。

〜今日の一日〜

そうそう、最近、良く本を買う。
良い本も沢山でてるしね。
はやくこの番組始まらないかなぁ。


◇ 鍋パーティー 2003年10月02日(木)


5,295 byte

今日は授業が終わった後に、研究室のメンバーで鍋パーティー、結構楽しかったよ〜。そんなわけで今もほろ酔いです。
帰ってきたら、彼女から昨日の日記を修正をしろとの脅迫。
そういう訳で、昨日の日記は少し嘘を書きました。

そうそう、家の冷蔵庫の扉を開け放って家を出てしまった。。。電気代が怖い。

〜今日の一枚〜
最近お腹の調子を良くしようとヤクルトを飲んでるのさ〜。ちっとも良くなってる感じがしない。。
逆に悪くなってるような。。。
ま、取りあえず、美味しいし続けてみます。
ばいちゃ!


◇ ぐ〜 2003年10月01日(水)


5,230 byte

朝から、腹痛・・・。
イヤな一日の始まりだ。
暫くして、彼女から電話、至急会いに来いとのこと。
渋々、重い腰を動かし、愛しのあの人とピクニック。
お〜、はっぴ〜・まい・でぃあ。

その後、学校へ行く。
今日も疲れた。。。。。。。

〜今日の一枚〜

田舎へ帰りたいなぁ


◇ 腹痛 2003年09月30日(火)



この日、お昼頃よりお腹が痛くてのたうち回ってしまった。学校の健康管理センターへ行ったら、やたら目ったらアカルイおばちゃんが居て、かなり冗談を言われた。脂汗をかきながら、合わせて冗談を言わねばならないのは辛かった。
仕方がないので、授業を休んで帰った。。
本当に死ぬかと思った。


◇ 疲労困憊 2003年09月28日(日)


5,260 byte

今日は昼過ぎに起きて、寮の友達に食客をさせて貰う。
夕方まで部屋で昔の論文を斜め読みとどうでも良い本を読む。
明日の発表の為の論文を読んで内容をまとめる。
これがなかなか難しい。
 
一段落して買い物へ。
その後、また作業。。。。

疲労困憊です。

〜今日の一枚〜
写す物がないので夜食のピザトーストをとりました。
最近こればっか・・・。


◇ 今日は誕生日 2003年09月27日(土)


5,135 byte

今日は誕生日です。

朝、デートに寝坊をしてしまったけれども誕生日のためか、彼女もすんなりと許してくれ颯爽と京都国立博物館へ行きました。
博物館では新撰組・坂本龍馬展を開催。なかなか面白かったです。

その後、カフェでコーヒーとカレーで昼食。
後、再び五条の鴨川を望めるカフェに再び入る。
暫しの休息をし寺町へ向かう。
誕生日のお祝いのデジカメを折半して贖う。
披露を覚え再三カフェへ。
電車にのって我が家へ。
その後、三十九期の皆様と若人たちから祝福の電話が!!(嬉しかったよん>ありがと)

そんな訳で今日も楽しい一日でした。

〜今日の一枚〜
サイバーショットUを購入。
なかなか可愛い奴。
ばしばし撮るぞ〜!!


◇ 勉強を久しぶりにしたのだ 2003年09月26日(金)


5,168 byte

今日は久しぶりに勉強をしたって感じの一日。

朝はバイトで中国人の留学生にコンピュータを教える。
午後からの授業では、ヒンドゥ〜についてならう。
世界で一番難解なウパニシャットなんぞ、一時間で解るわけもなく、諦めて平和に櫂を漕いでました。

その後、タイ帰りの友達の話を聞く、懐かしの赤穂弁で話す友達の訛りが心地よい。

んで、べんきょーを遅くまで・・・。

今日は地震とか、石原氏の謝罪とかニュースは騒がしい日でした。

〜今日の一枚!〜

現役なら偉いのか?
ナースならいいのか?
綺麗なお姉さんととぼちぼちナース、どっちが良い?
世の中ようわかりませんわ・・。
(女子高生は別)


◇ 困った 2003年09月26日(金)



なんてことだ!
明日には24歳に・・・。
あり得ん。
こんなに年寄りになってしまうとは。

壮年という年が近寄ってくるよ。
こまった。


◇ さぼり 2003年09月25日(木)



なんにもやる気がしない一日。。。
鬱なのかなぁ・・・。

そんなことは言ってられないのだけど・・・。
ぽ〜〜〜〜。


◇ ごくごく平和な一日 2003年09月24日(水)



今日ほど平和な日はない。
彼女との喧嘩も和平が結ばれた。

携帯を新しくしたので、みんな電話してくんろ〜。
メモリーが入ってないのでよろしゅ。

ほんなら、今日は軽く書いて終わりにします。


◇ ヒーロー 2003年09月23日(火)



今日、映画「ピンポン」を見てたら友達の事を思い出してしまった。
運動神経・性格・顔・全てに秀でて、嫉妬心を相手に沸かせない凄い奴だった。。。

事故で死んだから、何時までも18歳のまま。
18の彼を24に成ろうという僕は人間的に超えられたのかなぁ。

最近、歳なのか、良く彼のことを思い出す。
無駄に年だけ取っていく自分。
そんな自分を彼は嗤うだろうか。
彼がイデアになってしまった今、妄想で終わってしまうけど。

今一度、彼に会ってみたいなぁ。


◇ 幸せになるために 2003年09月23日(火)



彼女と喧嘩をして携帯を壊す。
億劫な性格の上、生活に余裕がないと、
メールは難しい・・・。

喧嘩で一日を無駄に過ごしてしまった。

全ての感情は身体より発する物。
自分の幸せはその内にある。

今の僕は人という形をした骸そのもの。
どうしたものか。。。

真人への道のりは遠いなぁ。


◇ せっき〜@学校 2003年09月22日(月)



朝5時に起床す。
震えるほどの寒気に秋の足音を感じる。
8時までに様々な用件をしながら英語の宿題をする。
今日は学校の初め也。
寮の友達と途中まで一緒に行く。
一時間目は先生とマンツーマン。
なんとリッチな・・・。
誰か一緒に受けてくれぬものか・・・。
四時間目までに就職課に相談へ行く。
公務員の採用はそれほどには難しくないとの事。
気持ちが揺らぐが就職浪人は許されない身の上・・。

幸せの青い鳥を探しに行きたい。

って、日記を書く度にカタルシスを覚える自分を打破しましょ!

ROOOOCK!!!


◇ 寮の電波は悪いのだ 2003年09月21日(日)



今日は6時に京都へ帰ってきました。
昨晩はバスの中で爆睡だったけど、
結構疲れは溜まるもの。

ぼけぼけとしていたらいつの間にかお昼に。
まおちゃんの到着を待って、昼ご飯に御寿司を食べる。
体はすっかり贅沢に慣れてしまった。

午後より彼女と「文明の道」の取り貯めていた二本を見る。
歴史は奥が深い。
その後、スタバでお勉強。
明日の予習はまだまだ、頑張らねば。


◇ つかれたよん 2003年09月20日(土)


36,309 byte

今日は髪の毛を午前中に切って、
夕方からはのみぃ〜とゆ〜ことお食事。
飲茶に行きました。飲茶の美味しかったこと。
多分、梅子姫もご満足だとおもうよ。
小姐も可愛かった。

その後、プリクラを取ってゲームをして帰りました。
かなり満足な一日でした。

これから就職活動頑張るぞ〜!!


◇ よくわからない一日 2003年09月17日(水)



今日は午後よりバイトのコンピュータ指導員のための授業。一時からであったが、遅れて怒られてしまった。
その後、研究室によって、日記を書いている。
目の前には前日から徹夜でレジュメを仕上げる学生。
こんな生活を送っていて良いのかとなんだかあせってしまう。
明後日にも実家で同じ指摘を受けるのかと思うと更に気分が悪くなる。
何か物を食べたら気分が良くなりそうなものであるが、近所には何も食べ物は売っていないために、早々に帰ることになりそうだ。

研究室にはレポートを書きに来たのであるが、全くの徒労となりそうだ。


◇ ただいま 2003年09月16日(火)



城崎より帰って参りました。
温泉に五回も入ってしまった。
本当、もう、疲労困憊でっす。
そんなわけで、文章がめちゃくちゃで申し訳ありません。

白文だと思って許してくだされ。

城崎からの帰りの電車が事故で遅れて、
だいぶストレスになってしまった。
ほんと、お疲れさんでした。


◇ 他人のコンピュータ 2003年09月14日(日)



11時起床
昨晩は泰山付近についての書き物に夢中で明け方まで作業をしてしまった。
12時
朝食と取りに下へ降りると、新しいコンピュータが寮に入ったとのこと。早速、技術人員として頑張る。
3時半
前回の反省を踏まえ、コンピュータにノートンの保護者機能をつけた。これによりアダルトサイトを見られないようにした。
4時
遅いブランチ
9時
本日、二回目のコンピュータを治す作業をする。
今度は寮生の中国語WINDOWS。
システム=系統っていうのが面白かった。
1時より
泰山についてのレポートと明日よりの温泉旅行の準備。。結構、忙しい・・・。

今日は人にコンピュータ関連で巻き込まれる一日だなぁ。


◇ 平和な一日 2003年09月13日(土)



今日、TAK氏からの再三の勧めにより日記を書き始める決心し、NOMYに早速作ってもらった。
9時に起床
11時に食事
最近、GREENDAYがマイブーム
泰山とその周辺についての報告書を作成する。
午後より、京都駅へ出掛ける。
8時帰宅
報告書の作成の進行を心掛けるも、
睡魔とTVに負ける。
実家から就職についての質問の呼び出し。
精神的負荷、大也。


 名  前 
 Eメール 
 URL 
 題  名 
 本  文 
 本文の色  / / / / / / / /
 削除キーー 
プレビューを表示